徐福の探したもの、元伊勢と老人嶋神社

伊勢神宮の原点、籠神社にもに興味深い伝説がたくさんあるようです。

http://www.motoise.jp/

そして冠島は常世島と呼ばれていたとか、、

海の中にはこんな遺跡のような物があるようです。

海底遺跡の真偽はわかりませんが

地震の記録を調べてみると八世紀に大規模な地震があったようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
701年5月8日(5月12日)(大宝元年3月26日) 大宝地震 – 丹波(後に丹後に分国)で地震うこと三日(『続日本紀』)、若狭湾の冠島と沓島が海没したと伝えられる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほんとに水没したものなら遺跡かもしれないですね。

番組中で上陸禁止となっていますが、

冠島の中にある「老人嶋神社(おいといまじんじゃ)」の神事のときはお参りができるようです。

701年5月8日(5月12日)(大宝元年3月26日) 大宝地震の天体配置を作ってみました。

地上からは前の晩にこんなふうな景色が見えていました。

惑星が集まってくるとなにか起こりそうな気配は感じますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される