61風澤中孚

中孚、豚魚吉。利渉大川利貞。
彖曰、中孚、柔在内而剛得中、説而巽孚乃化邦也。豚魚吉、信及豚魚也。利渉大川、乘木舟也。中孚以利貞、乃應乎天也
象曰、澤上有風、中孚。君子以議獄緩死
中孚(ちゅうふ)は、豚魚(とんぎょ)にして吉(きつ)なり。大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろし。貞(ただ)しきに利(よ)ろし。
彖(たん)に曰く、中孚(ちゅうふ)は、柔(じゅう)、内に在りて剛(ごう)、中(ちゅう)を得たり。説(よろこ)びて巽(したが)い、孚(まこと)ありてすなわち邦(くに)を化(か)するなり。豚魚(とんぎょ)にして吉(きつ)なりとは、信(まこと)豚魚に及ぶなり。大川(たいせん)を渉(わた)るに利 (よ)ろしとは、木に乗りて舟虚(きょ)なればなり。中孚(ちゅうふ)にしてもって貞(ただ)しきに利(よ)ろしとは、すなわち天に応ずるなり。
象に曰く、沢上(たくじょう)に風あるは中孚(ちゅうふ)なり。君子もって獄を議し、死を緩(ゆる)くす。
初九、虞吉。有它、不燕。
象曰、初九虞吉志未變也
九二、鳴鶴在陰其子和之。我有好爵。吾與爾靡之。
象曰、其子和之、中心願也
六三、得敵。或鼓。或罷。或泣。或歌。
象曰、或鼓或罷、位不當也
六四、月幾望。馬匹亡无咎。
象曰、馬匹亡絶類上也
九五、有孚攣如。无咎。
象曰、有孚攣如、位正當也
上九、翰音登于天。貞凶。
象曰、翰音登于天、何可長也
初九(しょきゅう)。虞(やす)ずれば吉(きつ)なり。它(あだ)あれば燕(やす)からず。
象に曰く、初九(しょきゅう)の虞(やす)ずれば吉(きつ)なるは、志いまだ変(へん)ぜざるなり。
九二(きゅうじ)。鳴鶴(めいかっく)の陰に在り、その子これに和す。我に好爵(こうしゃく)あり。吾(われ)、爾(なんじ)とこれに靡(よ)わん。
象に曰く、その子これに和すとは、中心(ちゅうしん)より願うなり。
六三(りくさん)。敵を得たり。あるいは鼓(こ)しあるいは罷(や)め、あるいは泣きあるいは歌う。
象に曰く、あるいは鼓(こ)しあるいは罷(や)むとは、位(くらい)当たらざればなり。
六四(りくし)。月、望(ぼう)に幾(ちか)し。馬匹(ばひつ)亡(うしな)う。咎なし。
象に曰く、馬匹(ばひつ)亡(うしな)うとは、類(るい)を絶ちて上(のぼ)るなり。
九五(きゅうご)。孚(まこと)ありて攣如(れんじょ)たり。咎なし。
象に曰く、孚ありて攣如(れんじょ)たりとは、位(くらい)、正(まさ)に当たればなり。
上九(じょうきゅう)。翰音(かんおん)天に登る。貞しけれども凶なり。
象に曰く、翰音(かんおん)天に登る、何ぞ長(なが)かるべけんや。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される