三つの宝【海士】

唐からやってきた三つの宝

現存する三つの宝

興福寺の宝物殿に収まっているようですが、面向不背の珠だけは紛失してなくなっていたようです。昭和54年にでてきて今は竹生島宝物殿に収まっているとか。本物偽物と諸説ありますが、もしレプリカだとしても奈良時代のものということなのでオリジナルのものはあったのでしょう。

 面向不背の珠は厨子に入っているようなので、これを「乳の下をかき切り珠を押し込め」という状況はどんなだったのでしょうか。こういう伝説は本当のことが含まれていると個人的には思っています。

 昔ピンクパンサーという映画がありました。ピンクパンサーは何かというとダイヤモンドの中にある傷がピンクパンサーに見えるようなお話でした。そんな感じで釈迦の像にみえる傷のある石なのかと想像していましたが意外にも大きなものでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される