馬車が買いたい!

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.88  2010年12月11日配信

『馬車が買いたい!』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #88

「シンデレラが乗っていたのは?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

————————————–
『馬車が買いたい!』

鹿島茂 著

白水社
—————————————
著者 鹿島茂さんは194年生まれ、
明治大学国際日本学部教授です。

1990年に出版された「馬車が買いたい!」
の新版です。

19世紀のパリの様子や風俗と馬車に
まつわるエッセイが一冊になった
鹿島茂さんの処女作です。

挿絵も多く当時のパリの生活臭を感じられる
一冊です。

野兎の煮込みといってアンゴラウサギを
出してしまうという話や貧民窟など
臭くて汚いと当時のパリもリアルに感じられます。美化された話ではないですが
生命力を感じます。
11月6日号の
「フランス革命下の一市民の日記」
も一緒に読んでみると面白いと思います。

後半にはタイトルになっている「馬車」の
事がつづられています。

キャブリオレ、クーペなどの種類から
一頭立て、二頭立て、タンデム、ドーモン
など馬の配置の仕方まで興味深く楽しい
記事が満載です。

シンデレラの乗った馬車はカロッスか
ベルリーヌかこれを読むと判別できる
ようになります。

自動車好きの方にもお勧めします。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

馬車の操縦席は車外にあります。
自動車は内側です。

これにより操縦者の社会的地位が上がった
という考察がされています。

明治以後は外国と同じスタイルの馬車が
使われていますが大名行列などの絵を見ても
馬車はないようですね。

荷物を引かせていることはあるようですが、
人間は人間の担いだ駕籠に乗っていることが
殆どです。

通信も飛脚が活躍しています。

日本は人使いが荒いのかとも思いましたが、
よくよく考えてみればヨーロッパほど広い
わけではないですし、起伏が激しい地形では
馬車はかえって邪魔なものかも
しれませんね。

障害物の多い日本の長距離移動に
馬車は不向きだったのではないかと
思います。

地形的な理由からでも外国では動物や機械が
している仕事を、人間がしていることが
多くなります。人力車や駕籠かき、
飛脚などがそうです。

必然的に労働者の地位が低くなってしまう
ため「芸術」「音楽」なども含め、
人間のつくりだすもの全般に低く見て
しまう土壌になってしまうのではないかと
感じます。

柔軟な対応ができる反面、文化伝統意識が
薄くなるという意識のバランスが共存
できるとよいですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

森澤勇司

森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京と生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される

最新記事 by 森澤勇司 (全て見る)

よく読まれている記事