孫子

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 

あなたもできる!朝活読書。

vol.195  2011年3月28日配信

『 孫子 』

http://ameblo.jp/yu-o-mo/

□□□□□□□□□□□□□□□□□
     

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

▼〈1〉今日の一言 #195
 
 「あなたにとって将とは?」

▼〈2〉今日の一冊

『 孫子 』

浅野裕一 著

講談社

孫子

———————————-
著者 浅野裕一さんは1946年うまれ
東北大学大学院国際文化研究所教授です。

「彼を知り己をしらば、百戦して殆からず」

で知られる孫子です。

孫子は日本では古くから愛好者が多く
徳川幕府でも公式に発行して諸大名に
配布するなどしていた記録が有るそうです。

1972年に前漢時代の竹簡「孫子」が出土しました。

その竹簡を底本に注釈を加えられた一冊です。

第三篇 謀攻編の中にある

「彼を知り己をしらば、百戦して殆からず」

で孫子はこう語っています。

勝利を予知する要点は5つ有ると言っています。

・戦ってよい場合そうで無い場合の区別がついている事

・大兵力と小兵力の運用法に精通している事

・上下の意志統一に成功している事

・計略を仕組みそれを知らずにやってくる敵を待ち受ける事

・君主が余計な干渉をしない事

●彼(敵)と自軍の状態を知っていれば
危険な状態には陥らない。

●敵を知らずに自軍の状態だけを知っていれば
勝つこともある。

●両方知らなければ常に危険である。

「一勝一負す」は「引き分け」とは違います。

「百戦殆うからず」を「勝利」とは意味が違います。

自分なりに解釈してみると

・状況判断

・量の判断

・対人関係

・危機管理(危険を想定すること)

・依頼者からの信頼

この5つを知ることによって危険な状態は
避けられるようです。

決して必ず勝てるとは言っていません。

「己を知れ」と連呼している方

ぜひ読んでください。

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

東京都知事選があります。
他の県の方も選挙の際は孫子の言葉も
判断基準の一つにしてみてはいかがでしょうか。

第八章 九変編に
将軍に付きまとう5つの危険が解説されています。

思慮に欠け勇気ばかりの者は殺され

勇気にかけ生き延びる事しか考えないものは捕虜にされ

怒りっぽく短気なものは侮蔑され計略にはまり

名誉を重んじ清廉潔白な者は侮辱され罠にはまり

人情深いものは兵士の世話ばかりで苦労が絶えず

軍隊を滅ぼす将軍はこの5つに該当すると
孫子は分析しています。

グライダーのように羽根を大きくすれば
長く飛べるがスピードは遅い

ロケットのように羽根をなくせば
スピードは早いが長く飛べない

こうした矛盾を兼ね備えることが
名将の条件であって一方向に傾くことは
一見いいようですが必ず破滅に向かうと
解説が有りました。

第十編「地形編」

「天の災いには非らずして、将の過ちなり」

現代でも通じる人間心理が考察されています。

「あなたにとって将とは誰でしょう?」

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

facebookファンページ作りました。
http://www.facebook.com/pages/%E6%A3%AE%E6%BE%A4-%E5%8B%87%E5%8F%B8/134131203326968

▼おまけ

アンサンブルモデ

http://morisawa.cart.fc2.com/

◆◇◆メルマガ【小鼓と記憶の方法】◆◇◆

 日本の文化を知るためのおすすめ情報や
 

 不定期で配信させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される