おおきな木 村上春樹 訳

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.213  2011年4月15日配信

『おおきな木』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #213
 
 「あなたにとって与えるとは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『おおきな木』

シェル・シルヴァンスタイン 著

村上 春樹 訳

あすなろ書房


———————————-
昨日に続き絵本です。

今日の「大きな木」もシンプルな白黒の絵本です。

著者 シェル・シルヴァスタインさん
(1930~1999)はアメリカ生まれ。
絵本作家、ソングライター、
漫画家、詩人として活躍しました。

訳の村上春樹さんは1949年生まれ。
「1Q84」「ノルウェイの森」
で有名な小説家です。

登場するのは1本のリンゴの木と少年です。
(足だけはもう一人)

木と戯れていた少年は成長し
お金が欲しくなれば
木からリンゴを貰いお金に換え、
家が欲しくなれば、枝を切り、
船が欲しくなれば
その木を切って船をつくってしまいます。

最後に年を取った少年(老人)
が切り株だけになった木に会いに来ます。

「木のしあわせ」は何だったのでしょうか。

●この本を一言でいうと

「羽衣」です。

●おすすめのポイント

全編、自分を切られても少年に与え続ける
木の物語です。常に「木はしあわせでした。」
という区切りのつけ方ですが、
一か所だけ伐られてしまったときに
「しあわせに・・・なんてなれませんよね。」
という一文が有ります。

これを読んだときに能「羽衣」の
月の天女の言葉が
頭の中で聞こえてきました。

羽衣を返してくれたら
舞を見せるという天女に
漁師は先に返したら舞を舞わずに
月に帰るだろうと言います。

その時に天女は漁師に向かいこう言います。

「いや疑いは人間に有り、天に偽り無きものを」

この後、漁師は自分を恥じて羽衣を返します。

「おおきな木」を私たち人間の感覚で読んでいると
少年が木を切ってしまったときに
一瞬でもこう感じないでしょうか。

「これで幸せなはずはない」

悲しいことが有っても嬉しいことが有っても
毎年、同じような時期に花を咲かせます。

人間と自然の共通点を考える
きっかけになると思います。

●生活への活かし方

絵本に登場するのは少年と木ですが
なにか地球と人間のように見えて
仕方ありませんでした。

自然環境保護を訴えながら
一方で破壊してゆく
思い当たることはないでしょうか。

読者が自分の心に有る問題のヒントを
見つけられる一冊だと思います。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

原題は「The Giving Tree」というそうです。

地球が木だとしたら与えられて
資源を使い、切り倒し、そんなことを
しているような感覚になりました。

切り倒さなければ人間という少年は
少年の姿のまま木と遊んでいるように思います。

「あなたにとって与えるとは?」
―――――――

能楽も少し興味が有る方におすすめ
http://ameblo.jp/yu-o-mo/entry-10787121747.html

今なら読んで理解できると思います。
http://ameblo.jp/yu-o-mo/entry-10861846868.html

通勤の時に位電車に乗る方におすすめです

http://ameblo.jp/yu-o-mo/entry-10689799207.html

←空メールで登録できます。

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される