外国人の誤用から分かる日本語の問題

外国人の誤用から分かる日本語の問題/森田 良行
¥2,520
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.244  2011年5月16日配信

『外国人の誤用から分かる日本語の問題』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #244

 「あなたにとって誤りとは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『外国人の誤用から分かる日本語の問題』

森田 良行 著

明治書院
———————————-
日本語を覚えたての外国人の言い間違いを
例にして日本語の文法を解説した一冊です。

「日本に来て三年以内になります」

「三年以上」は正解ですが上記は
なぜ誤りかという事が丁寧に解説してあります。

自転車を「押す」のか「引く」のか
など普段使っている言葉を
考えるのに最適です。

本の題名には「外国人」とありますが
本文には良く聞く言い回しが
多く採用されているので
「ああ、これ使ってるね」
という言葉を見つけることが
出来ると思います。

●この本を一言でいうと

「一例」です。

●おすすめのポイント

「彼は病院に運んで行かれた」

「父は散歩しにゆきました」

「あの家の隣になります」

「自転車を上手に乗る人」

「何時に電話を掛けていいですか」

「あしたのうちに書き上げなければならない」

「授業は五時半過ぎに終わります」

みな誤用の例になっています。

外国人の言い間違いでなくても
聞くことあるような気がします。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

誤用とは言っても全て
悪いと言っているわけではなく
どうしてそうなるかと言う事が考察されている
所がこの本の良い点です。

「赤い靴 はいてた 女の子

異人さんに 連れられて 行っちゃった」

野口雨情(赤い靴)

なんで「行っちゃった」なのか。

小学校の時
「連れて行かれたのに行っちゃったは変だよね」
そんなことを友人と話した記憶がよみがえってきました。
今では疑問にも思わないのは
だいぶ世慣れてきたという事かもしれません。

「私の財布はすりにすられた」

「身ぐるみ剥がれた」

何か物騒な例ですがこれも誤用の例になっていました。
ある哲学者は「正義とは共有である」と言っています。
日本語の正誤も共有者の多いかどうかが
ポイントのようです。

「あなたにとって誤りとは?」

←空メールで登録できます。

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される