globish The World Over

世界のグロービッシュ ─1500語で通じる驚異の英語術/ジャン=ポール・ネリエール
¥1,575
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□
あなたもできる!朝活読書。

vol.260  2011年6月1日配信

『globish The World Over』

□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #260

「あなたにとって食べれるとは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『globish The World Over』

ジャン・ポール・ネリエール 著

東洋経済新報社
———————————-
著者 ジャン・ポール・ネリエールさんは
元IBM社のマーケティング担当者です。

「英語ではなくグロービッシュという呼び名にしたのは
英語学習の課題を解消するための全く新しい方法だからだ。」

と著者は語っています。

使う単語を1500語に限定しているところにも注目です。

 

●この本を一言でいうと

 

「食べれる」です。

 

●おすすめのポイント

 

現在、多くのビジネスシーンで活躍する英語は
あたかも世界標準語のようになっていて
日本でも社内でも英語をつかう企業が出始めています。

 

イタリア語、ドイツ語、日本語も言葉の
争いに勝つことは出来なかったが、これは
言葉が勝ったように見える人たちの立場が
優位になったわけではないと解説されています。

 

発音よりもアクセントに重点を置くことや
文法のしくみ熟語は使わないなど
独自なルールによってよりシンプルに
習得できるようになっています。

 

常に能動態をつかうことや
一文を短くすること、
身振り手振りで意味を補うことなど
日本語にも応用してみると
予期せぬ行き違いが起こらずに済むかもしれません。

 

グロービッシュの問題点なども
解説してあるのでこれから外国語を
習得しようとしている方にはおすすめです。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

―――――――――――――――――
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

 

日本語の古典の意味を理解するには
外国語と比べたほうが理解しやすいことが
多いように感じたので出来るだけシンプルな
外国語の本を探してみました。

 

英語の指導者からは批判も多い
グロービッシュとはどんな感覚なのかと
いうとドライバーセットの
ようなものではないかと思います。

 

芸術的なドライバーも良さが有るでしょうが
大きさが違っていては道具として役に立ちません。

「完璧な英語」から「伝われば十分」へ

言葉が道具だとすれば
伝われば十分という事を否定する人は
道具に何を求めているのでしょうか。

「あなたにとって食べれるとは?」

ジャガイモの花って見たことありますか?

http://ameblo.jp/bon-bon-kun/entry-10900324025.html

http://eq.ainest.com/

↑感情のコントロールについて
非常に効果のあるセミナーです。

 

◆◇◆メルマガ【小鼓と記憶のヒント】◆◇◆

j+1215@accessmail.jp
←空メールで登録できます。

日本の文化を知るためのおすすめ情報や
習い事や仕事に役立つ記憶の方法など
不定期で配信させていただきます。

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

―――――――――――――――――
▼おまけ

アンサンブルモデ
ファンタスティックコンサートCD

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

森澤勇司

森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京と生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される

最新記事 by 森澤勇司 (全て見る)

よく読まれている記事