【長男を弱い子にするお母さんの口ぐせ】金森浦子 著

長男を弱い子にするお母さんの口ぐせ (静山社文庫)/金盛 浦子
¥630
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.279  2011年6月20日配信

『長男を弱い子にするお母さんの口ぐせ』

金森 浦子 著

静山社文庫


□□□□□□□□□□□□□□□□□

「お母さんたちのなかには、
ちょっと思い違いをしている方がいらっしゃいます。
なんでも一人でできて、人を頼らない。
それが自立だと勘違いしている方がいます。
何にも頼らず、すべてを自分一人でやるというのは、
自立ではなく”孤立”です。」

セラピスト:金森浦子

▼「依存心と依頼心のちがいとは?」

「長男を育てるのは難しい」
「もっと違う育て方をしていれば、
長男はかわっていたのでは・・」
お母さんからよく聞く言葉だと著者は語っています。

2歳、3歳で色々な事を覚えるのが当たり前な
年代に「天才だ!秀才だ!」ともてはやしたり
「なんでも自分で・・」というような過度な
期待の中で育つ長男は多いと思います。

「あなたのためを思って言っているの」

「こんな子に育てたつもりはない」

「少しは親の身になってよ」

「あなたは強い子だから」

「いうこと聞かないと置いてっちゃうよ」

「男の子なのに」「男の子だから」

など幼稚園の帰りの公園でも
良く聞く言葉の影響が解説されています。

「言ってはいけない」という言葉の制御だけでなく
どういう風に言い換えたらということも
解説されているのでご家庭の方針と合わせて
参考にしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

うちの近所の書店には今回の本と

6月17日号
『男の子を追いつめるお母さんの口ぐせ』

この2冊だけがワゴンに別になって店頭に
出してあります。

前回、言ってはいけない56個のうち約40個は
言われていたので今回も期待?して本を開きました。

題名としては「お母さんの口ぐせ」ですが
2冊よく読んでみると父親の影響により
母親が発してしまう言葉という考え方も
出来るように感じました。

つまり実行犯は母親であっても
その原因を作っているのは父親である場合も
考えられるのです。

この本で解説されている54の言葉は
親子間だけでなく仕事上の
上下関係でも使ってはいけない言い回しが
多く含まれています。

人間関係を開設したビジネス書と
あわせて自分のバックボーンから
言葉を気にしてみるというのも
良い使い方だと思います。
「依存心と依頼心の違いとは?」

こちらからも一言送ることができます。

【毎日1分!朝活読書。】

http://nohgaku.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される