【天文宇宙検定 公式テキスト】


□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.289  2011年6月30日配信

『天文宇宙検定』

天文宇宙検定委員会 編

恒星社厚生閣

□□□□□□□□□□□□□□□□□

「~太陽と月、仲良くして~」

本文より

▼「後悔したことありますか?」

天文宇宙検定というのが始まるらしく
その公式テキストを読んでみました。

理科の参考書とも見比べてみました。

天体ということに特化していること、

各章のテーマにそって
3,4つの話にまとまっているので
参考書としても楽しく使えそうです。

ただし、参考書でないので
教科書の内容に沿っているわけではありません。

天体には興味がないと言っていても
地球に住んでいる以上、
太陽や月と関係なく生きることはできません。

自分の住んでいる国や土地の事も
もちろんですが、宇宙から見た
自分の環境を考えてみるのも
良いかと思っています。

こういう本を見ると小学校の時に
「もっと勉強しておけばよかった」
と思うことも多いのですが、
そういう考えはスッパリ切り替えて
今、興味のあることは楽しく
好きなだけ学んでみるもの
いいような気がします。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

星というのは毎日空の上にあるのに
よく見ていないことの方が
多いかもしれませんね。

人によっては明るいことは
わかっていても太陽も
見ていないかもしれません。

月はもっと見ていないかも
しれないですよね。

そういっている私も
今の時点で、今日は太陽も月にも
ハッキリ目を向けてみていません。

最近、笹に短冊を付けた七夕飾りを
よく見かけるのでふと気が付いたことが
ありました。

「ついたち」という言葉です。

「月立」とか「いたち」だとか
なぜ「ついたち」になったかは
諸説ありますが、
「三日月」は「三日」の月で
間違いないと思っています。

ということは旧暦の
「桃の節句」はいつも「三日月」が
出ているはずなんですよね。

正確に確認はしていませんが、
日本で使っていた旧暦では
月が替わったら暦の○月が変わるのに対して
新暦は「月」という言葉だけ残っていて
実際の月の形は関係ありません。

ただこの月は生物の活動に非常に密接です。
このリズムがわかっていれば
「何か気持ち暗いな」ということも
「そろそろ気持ちが落ち着いてくるころだな」
などと大雑把な傾向が予想できます。

もちろん人間の気持ちは
月にだけ左右されているわけでは
ありませんが、満月の日に
オオカミに変わりそうだから
外に出るのはやめようとか
事前にわかっていれば対処の
方法もあるわけです。

自分の住んでいる地球ごと
影響されている月で
自分の気分を予想してみるのは
面白いものです。

「後悔したことありますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される