【古武術・剣術がわかる事典】牧 秀彦 著

古武術・剣術がわかる事典 これで歴史ドラマ・小説が楽しくなる!/牧 秀彦
¥1,449
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□
毎日1分!朝活読書。

vol.303  2011年7月14日配信

『古武術・剣術がわかる事典』

牧 秀彦 著

技術評論社
□□□□□□□□□□□□□□□□□

『争いを好まない反面、ひとたび必要となれば
徹底して闘い抜く。対極の二面性を
包含しているからこそ、わが国の武術は武道と
名を替え、平和な時代にあっても古と変わらぬ
輝きを放っている。』

本文より

▼「後継者はいますか?」

古墳時代からの武術についても触れてありますが、
メインは刀を使っての戦闘が行われた
時代の流儀の派生や、その流儀特有の
必殺技や構えなど具体的な研究が
イラスト入りで解説されています。

関東七流、京八流という古い流儀から
柳生新陰流、天真正伝香取神道流、
示現流、二天一流など
時代ごとにまとめられ創始者や
実際に使った人物、修行の形態や
免状制度など歴史の教科書には
出ていない具体的なお話が満載です。

興味深いのはこの本での
「達人」についての考察です。

「必ずしも目に見える強さを発揮した
者ばかりが達人とは限らないことだ。」
と著者は語っています。

「語り草となった武勇伝を置き土産に、
死に果ててしまうからである。」

武蔵坊弁慶、源義経、、、
どれほど強くても伝説の域をでない、、、

「個人で強く、そして多くの門弟を
育て上げたものこそが達人と呼ぶに値する」
こうしたものが達人であると著者は定義しています。

いろいろな流儀や技の面だけではなく、
達人、名人、職人などの言葉の違いを
考えながら読んでみると自分の仕事にも
置き換えられて面白そうです。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

二天一流の章に宮本武蔵のイラストが
出ていますが、何度見ても能の太鼓の構えと
似ています。

こういう武術系の本を読むと
どうしても「北斗の拳」の登場人物も
いっしょに頭に浮かんできてしまうのですが、
個人で強くて伝説をつくった人物は、
数多く登場しますが、この本でいう達人
というと該当者が思い浮かびません。

ケンシロウも後継者を作らないとすると
宗家の義務違反かもしれませんよね。

伝説になりそうな名人、
職人は思いつきますが、
やはり達人というのは
その上の存在なのかもしれませんね。

「後継者はいますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される