【星座で読み解く日本神話】勝俣隆 著

【星座で読み解く日本神話】勝俣隆 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.312  2011年7月23日配信

『星座で読み解く日本神話』

勝俣 隆 著

大修館書店

□□□□□□□□□□□□□□□□□

『本書が神話や文学、星や天文学を愛する

人々の目に触れて、日本にも、星の神話が

存在したのだということを理解していただければ

幸いである。』

勝俣 隆(1952~)
▼「言葉の通りにみてみると?」

古事記、日本書紀や風土記などを比較対象し

そこに書かれた神々の姿を天空の星の動きと

比較し分析した一冊です。
日本神話には星座が登場しないというのが

定説だそうです。
天照大御神が太陽、月夜見命が月と

解釈される一方で一緒に生まれた

他の神々が、天体と解釈しないほうが

不自然だと著者は語ります。
後半では主に

天鈿女命の対応している星座や

天の岩屋戸がどこなのか、

天空の図や海外の星座と

比較対象しつつ

記紀の文章と照らしあわせ

著者の解釈で星座を復元しています。

言葉では天上の話と言いながら

対応している星がどれかは考えてみたことが

なかった方には衝撃の古典解釈だと思います。
是非読んでください。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。
この本を読むまで全く意識していませんでしたが、

古事記、日本書紀に太陽と月以外の星が

語られていないと考えるのは不自然です。
ギリシャ神話では星になるまでのお話が

ありますが、日本の神話の場合は

そもそもが星の話だという前提で

読めば納得できる内容が多いように思いました。
まだ天体に関しては調べ始めたばかりですが、

青龍、朱雀など方位を表す言葉も

実在する何かの色に対応していると

考える方が自然ですね。
そもそも日本の神話は「天の○○」

と言っているのですから

空を見上げた星の事だとなぜ思わなかったのか、

先入観や教育というのは恐ろしいものだと感じました。
この本では触れていませんが

能のシテの装束も、星の運航に

影響されているのではないかと思う

点がいくつかありました。

古墳に標された星座には古典を読むための

ヒントがあるようです。
謡曲「岩舟」もこの本のように解釈すると

星座めぐりのお話かもしれませんね。

 

「言葉の通りに見てみると?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される