【「原因」と「結果」の法則3】ジェームズ・アレン 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.317  2011年7月28日配信

『「原因」と「結果」の法則3』

ジェームス・アレン 著

サンマーク出版

□□□□□□□□□□□□□□□□□

『自分自身をコントロールしていない人たちは、

真の意味では生きていない人たちです。

彼らは、たんに存在しているだけであり、

まるで獣のように、欲望や気まぐれな

感情に従うだけの人生を送っています。』

本書より
▼「原因を見たことはありますか?」
約100年前に書かれた哲学書の日本語訳です。
緑色の『「原因」と「結果」の法則』は

世界の大ベストセラーなので

読んだことが有る方も

多いのではないでしょうか。
日本ではサンマーク出版から緑、青、紫、橙の

表紙で4冊出版されています。
英語の題名は4冊とも違うようですが、

日本では緑色の本の知名度が高いせいか

同じ題名で出版されています。
人生の成功や幸福というどちらかというと

目標達成の収穫という面に対する

考え方の緑、青の本と比べて

より内面に切り込んだ一冊です。
自我、自己コントロール、誘惑の役割、

信念、、など

突然聞かれたら答えに困るような

内容を扱っています。
この人によっては4冊の中では

読む必要はないと判断する方も

いるかもしれませんが

自分ではこの3に書いてあることが、

全部キレイに片付いていることが

他の巻を有効に利用できる

条件ではないかと思います。
信仰についてもふれている章が有るので

信仰心を深めるために読んでも

良いと思います。
是非読んでください。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。
緑の表紙の『「原因」と「結果」の法則』は

現在発行されているビジネス書には

間接的にも何らかの影響を与えている

書物だそうです。
ですからどこかで聞いたことが有るような

内容だったり、よく本を読んでいる方には

知っている内容ばかりという感想を

持つ方も多いと思います。
この3巻を読んだときに自分の中の

根本原因を発見したような衝撃を受けました。
現在出版されているストレス解消法の書籍は

無数にありますが、それでは解決されないと

感じている方には特にお勧めします。
「原因を見たことはありますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される