六韜、竜韜、第二十八、五音

十二律五音を聞き分けることで敵に勝利できるのか

十二律(日本とは異なる)

  1. 黃鐘こうしょう – C
  2. 大呂たいりょ – C♯
  3. 太簇たいそう – D
  4. 夾鐘きょうしょう –D♯
  5. 姑洗こせん – E
  6. 仲呂ちゅうりょ – F
  7. 蕤賓すいひん – F♯
  8. 林鐘りんしょう – G
  9. 夷則いそく – G♯
  10. 南呂なんりょ – A
  11. 無射ぶえき – A♯
  12. 応鐘おうしょう – B

五音

  1. (きゅう)(土)(C) 主君
  2. (しょう)(金)(D) 臣下
  3. (かく)(E)(木)民
  4. (ち)(G)(火)事
  5. (う)(A)(水)物

この五音によって敵の動静を知ることができる

古代の例

伏儀、神農、黄帝の時代

五行(金・木・水・火・土)

六十甲子

  • 甲子、乙丑,配海中金
  • 丙寅、丁卯,配炉中火;
  • 戊辰、己巳,配大林木;
  • 庚午、辛未,配路旁土;
  • 壬申、癸酉,配剑锋金;
  • 甲戌、乙亥,配山头火;
  • 丙子、丁丑,配涧下水;
  • 戊寅、己卯,配城墙土;
  • 庚辰、辛巳,配白腊金;
  • 壬午、癸未,配杨柳木;
  • 甲申、乙酉,配泉中水;
  • 丙戌、丁亥,配屋上土;
  • 戊子、己丑,配霹雳火;
  • 庚寅、辛卯,配松柏木;
  • 壬辰、癸巳,配长流水;
  • 甲午、乙未,配沙中金;
  • 丙申、丁酉,配山下火;
  • 戊戌、己亥,配平地木;
  • 庚子、辛丑,配壁上土;
  • 壬寅、癸卯,配金箔金;
  • 甲辰、乙巳,配佛灯火;
  • 丙午、丁未,配天河水;
  • 戊申、己酉,配大驿土;
  • 庚戌、辛亥,配钗钏金;
  • 壬子、癸丑,配桑柘木;
  • 甲寅、乙卯,配大溪水;
  • 丙辰、丁巳,配沙中土;
  • 戊午、己未,配天上火;
  • 庚申、辛酉,配石榴木;
  • 壬戌、癸亥,配大海水。

敵の状況を知る方法

①空がよく晴れた雲も風もない夜中を選ぶ
②馬に乗り慣れた軽騎兵を敵の陣地
③900歩離れたところで十二律の管を耳に当て大声を出して敵を驚かす

敵の状況から決めること

①角(木)(E)の管に反応した時
→金の神、白虎の方位(南西)、日時で攻撃する

(G)(火)の管に反応した時
→水の神、玄武の方角(北)、日時で攻撃する

(金)(D)の管に反応した時
→火の神、朱雀の方角(南)、日時で攻撃する

(A)(水)の管に反応した時
→土の神、勾陳の方角(南東)、日時で攻撃する

⑤どの管にも反応しなかった時は宮(土)(C)
→木の神、青龍の方角(北東)、日時で攻撃する

管に反応する以外にはっきり現れる兆候

①バチと太鼓の音がしたら
→木でできたもの→角(木)

②火の光が見えたら
→徴(火)

③金鉄、鉾の音が聞こえたら
→商(金)

④人が大声で叫び合う音が聞こえたら
→羽(水)

⑤ひっそりとしてなにも聞こえなければ
→宮(土)

敵兵が出す音によって判別する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される