48水風井

井、改邑不改井。无喪无得。往來井井。至亦未{糸|(橘-木)}井、羸其瓶、凶。

彖曰、巽乎水而上水、井井養而不也。改邑不改井、乃以剛中也。至亦未{糸|(橘-木)}井、未有功也。羸其瓶、是以凶也

象曰、木上有水、井。君子以勞民勸相

井(せい)は、邑(ゆう)を改めて井(せい)を改めず。喪(うしな)うなく得(う)るなし。往来(おうらい)井を井とす。ほとんど至らんとして、またいまだ井に{糸|(橘-木}(つりいと)せず、その瓶(つるべ)を羸(やぶ)るは、凶なり。

彖(たん)に曰く、水に巽(い)れて水を上(あ)ぐるは井なり。井は養いて窮(きわ)まらざるなり。邑(ゆう)を改めて井(せい)を改めずとは、すなわち剛(ごう)中(ちゅう)なるをもってなり。ほとんどいたらんとして、またいまだ井に{糸|(橘-木}(つりいと)せずとは、いまだ功あらざるなり。その瓶 (つるべ)を羸(やぶ)る、ここをもって凶なるなり。

象に曰く、木の上に水あるは井なり。君子もって民を労(ねぎら)い勧(すす)め相(たす)く。

初六、井泥不食、舊井无禽。

象曰、井泥不食、下也。舊井无禽、時舍也

九二、井谷射鮒。甕敝漏。

象曰、井谷射鮒、无與也

九三、井渫不食。爲我心惻可用汲。王明竝受其福。

象曰、井渫不食、行惻也。求王明、受福也

六四、井甃。无咎。

象曰、井甃无咎、脩井也

九五、井冽寒泉食。

象曰、寒泉之食中正也

上六、井収勿幕有孚元吉。

象曰、元吉在上大成也

初六(しょりく)。井(せい)泥(でい)にして食らわれず。旧井(きゅうせい)に禽(きん)なし。

象に曰く、井(せい)泥(でい)して食らわれずとは、下(しも)なればなり。旧井(きゅうせい)に禽(きん)なしとは、時舍(す)つるなり。

九二(きゅうじ)。井(せい)谷(こく)鮒(ふな)に射(そそ)ぐ。甕(かめ)敝(やぶ)れて漏(も)る。

象に曰く、井(せい)谷(こく)鮒(ふな)に射(そそ)ぐとは、与(くみ)するものなければなり。

九三(きゅうさん)。井(せい)渫(さら)えたれども食らわれず。我が心の惻(いあ)みをなす。もって汲むべし。王(おう)明らかなれば、並(とも)にその福(ふく)を受けん。

象に曰く、井(せい)渫(さら)えたれども食らわれずとは、行くもの惻(いあ)むなり。王の明かならんことを求むるは、福を受けんとてなり。

六四(りくし)。井(せい)甃(いしだたみ)す。咎なし。

象に曰く、井(せい)甃(いしだたみ)す、咎なしとは、井を脩(おさ)むるなり。

九五(きゅうご)。井(せい)冽(きよ)くして、寒泉(かんせん)食わる。

象に曰く、寒泉(かんせん)食わるるは、中正なればなり。

上六(じょうりく)。井(せい)収(みずく)みて幕(おお)うことなかれ。孚(まこと)あれば元吉(げんきつ)なり。

象に曰く、元吉(げんきつ)にして上(かみ)に在り、大いに成るなり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される