第116回 川崎市定期能【楊貴妃】【胡蝶】

第116回 川崎市定期能【楊貴妃】【胡蝶】

http://www.kbz.or.jp/event/noh/20190316/

今日は川崎能楽堂の公演チラシが届きました。

長恨歌の世界「楊貴妃」と
荘子の夢「胡蝶」

楊貴妃は玄宗皇帝の使いが蓬莱国に楊貴妃の霊を訪ねる物語。

胡蝶は輪廻を繰り返しても梅の花と戯れる事ができない事を歎き、

仏教の功徳で精霊になり梅の花と戯れる物語です。

3月は幻想的な中国文学で心を潤せそうです。

座席148席なのでお席の確保はお早めに
1部、2部入れ替えです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される