ヨーロッパの祝祭典

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

あなたもできる!朝活読書

vol.165  2011年2月26日配信

『ヨーロッパの祝祭典』

http://ameblo.jp/yu-o-mo/
◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #165

「神様?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『ヨーロッパの祝祭典』

マドレーヌ・P・コズマン

加藤恭子/山田敏子 訳

原書房
—————————————
著者 マドレーヌさんは
ニューヨーク市立大学教授です。
(発刊当時)

中世およびルネッサンスの文化を
専門にしています。

人間にはなぜ祭りが必要なのか。

お祭りや祝典は、人の心や体のためになる
理由が語られています。

一つには過ぎ行く時の目盛になると
著者は語っています。

1月から12月までの代表的なお祭り
が紹介されています。

中世のお祭りの飾りつけ
テーブルのしつらえかたや

献立のレシピも多数紹介されています。

吟遊詩人や楽人の服装、食器の配置など
映画好きの方も楽しめると思います。

中世の楽器についても各所に登場します。

聖バレンタイン・デイの飾りつけや
ローズウオーターのつくり方。

このお祭りには欠かせない絵文字の手紙や
グリーンスリーブスの意味

チョコレートではなく中世のお祭りの
方が無理なく婚活できるようです。

4月のオールフールデイ中世の作法で
楽しんでみたいですね。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

この本のレシピを見ていると日本とは
大分素材の味付けが違う物が有ります。

・アプリコットバターのパスタ

アプリコットと蜂蜜を
マカロニかパスタにあえます。

甘そうですよね。

・ペパーミントライス

ペパーミントとパセリを
すりつぶして緑色の米を炊きます。

・プルーツフリッター

・きゅうりのシナモン和え

肉も果物と一緒に調理するものが
多いようです。

やはり飲むお酒や風土は味付けにも
大きく影響するようですね。

$あなたもできる!朝活読書。-DSC_0176.jpg

こんな感じです。

$あなたもできる!朝活読書。-DSC_0175.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヨーロッパの祝祭典―中世の宴とグルメたち/マドレーヌ・ペルナー コズマン

¥2,141
Amazon.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される