中古・中世の敬語

中古・中世の敬語 (研究選書 (48))/藁谷 隆純
¥3,150
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.264  2011年6月5日配信

『中古・中世の敬語』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #264

 「あなたにとって中世とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『中古・中世の敬語』

藁谷 隆純 著

研究選書
———————————-
著者 藁谷隆純さんは1941年生まれ。
山形県立米沢女子短期大学講師の後
創価女子短期大学助教授です。(発刊当時)

「日本霊異記」「源氏物語」「更級日記」
「十六夜日記」「とはずがたり」日蓮遺文などの
なかの敬語が誰に向けどんな使われ方を
しているかの研究の集積です。

●この本を一言でいうと

「主語のない理由」です。

●おすすめのポイント

現代語訳ではわからなくなってしまう
立場のニュアンスや誰に向けて
話した言葉なのか原文を読むヒントが
提示されています。

古典の中では主語が無かったり
現代の言い回しでないために翻訳者の
判断で誰が誰に向けた言葉なのかが
解釈されています。

テレビなど映像がない時代は
文章や話は場面を思い浮かべて
やり取りしていたのだと思います。

何人か立場の違う人が集まっていれば
その映像が頭に浮かび言葉の使い方で
誰と誰がしゃべっているという事を
読んでいたのだと思います。

本を読んでも映像を思い浮かべることが
日常的でない方にはおすすめです。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

小説の中には服装などが詳細に書かれた
物が有ります。

今も昔も変わらないのですが、古いものの方が
誰が誰に何か言ったという表現が
少ないように思います。

人間以外のものにも敬語は
良く使われています。

「です」「ます」もありません。

「たまふ」を「です」「ます」

に変えるとよくいう「さ入れ言葉」は
作りやすいみたいです。

同じ月でもおぼろ月夜と満月は格が違ったり
信仰対象になっているかでも敬語が違うようです。

時代が変わっても言葉は人それぞれの
感覚によるところが大きいですね。

「あなたにとって中世とは何時の事でしょう?」

←空メールで登録できます。

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

森澤勇司

森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京と生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される

最新記事 by 森澤勇司 (全て見る)

よく読まれている記事