兵法家伝書

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.54  2010年11月7日配信

『兵法家伝書』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #54

「間合いとは?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

—————————————————
『兵法家伝書』

柳生宗矩

渡辺一郎 校注
—————————————————
著者 柳生宗矩さん(1571~1646)は徳川秀忠、家光の
兵法師範でした。

進履橋、殺人刀、活人刀、新陰流兵法目録事という構成
になっています。

身構、手足、太刀を三学より学ぶようにと説き、その解説
より書き進められています。

「刀ふたつにてつかう兵法」の件は時代劇で有名な柳生十
兵衛もこれを読んだのだろうと思うと感慨深いものがあり
ます。

中国故事などの文学的な面や能楽などの音楽的要素を剣術
に活かす方法を著者の観点で語っています。

現代人においては逆に本書より音楽的な面、文学的な面、
またその間合いに対する感覚を摘出し生活や仕事に生かす
事が出来るのではないでしょうか。

新陰流兵法目録事は画像になっていて伝書の内容を図解で
確認することができます。

ぜひ読んでみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。森澤勇司です。

9月23日号でも触れましたが明治以前の文章は難読です。
昨日の一市民の日記などフランス人は200年前のフランス語を
原文で読むことができると思います。

日本語は特別に毛筆の字に触れる環境がなければ江戸時代の看板
ですら読むことができなくなっています。

文化があるとはいっても活字に直さなければ字も読めないのでは
本当に正しいのかどうか判断するすべがありません。

音楽においては完全に日本文化は排除されていて三味線、琴など
いちど外国語である”楽譜”に翻訳して解釈するという方法が
とられています。拍子、間というものも「リズム」と翻訳して
納得する方のほうが多いのではないでしょうか。

ハロウィン、イースターなど本国の恒例行事化するよりは”字”
を読めるようにすることが大切な気がします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される