パワーツリーに会いにゆく!

東京周辺 パワーツリーに会いに行く!/渡辺 典博
¥1,680
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.229  2011年5月1日配信

『パワーツリーに会いに行く!』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #229
 
 「あなたにとって木とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『パワーツリーに会いに行く!』

渡辺典博 著

山と渓谷社

アマゾン
http://t.co/YI0eQLb

楽天
http://item.rakuten.co.jp/neowing-r/neobk-947603/

———————————-
著者 渡辺典博さんは1936年のフリー写真家です。
巨木巡礼の写真家として巨木の保護にも
取り組んでいます。

●この本を一言でいうと

「長生き」です。

●おすすめのポイント

関東周辺の巨木スポットが
全編カラー写真で紹介されています。

日比谷公園、明治神宮などの都心の巨木も
多数紹介されているので
ゴールデンウイークに
巨木めぐりはいかがでしょうか。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

気にしていないというのはすごいことで
この本を見ると行ったことのある場所が
半数ぐらいでした。

巨木と言われるほど大きいものですから
目にしていないわけがないのですが、
気にしていないので全く記憶にありません。

「なんか大きな木があったな」と
思う程度ならマシな方です。

ヤナギというと枝がたれている
木とばかり思っていました。
そうで無い種類もあるのを知りました。
それが一番近所だったというのは
まさに「灯台下暗し」ですね。

大きな気にふれて自然の感覚を
取り戻しに行きましょう。

「あなたにとって木とは?」

←空メールで登録できます。

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される