【世界の出産】松岡悦子 小浜正子 編

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.313  2011年7月24日配信

『世界の出産』

松岡 悦子

小浜 正子 編

勉誠出版

□□□□□□□□□□□□□□□□□

『現在の出産が医学の視点を中心として

行われているからこそ、医学を外から

眺める視点が必要になる。』

本書より
▼「あなただったらどの方法?」

世界の約30の地域の出産の現場や

妊婦をめぐる環境、風習などを

取材、研究した一冊です。
中国、日本を始めマレーシア、タイ、

ハンガリー、オランダ、フランス、

パラオ、、、その他
各国の出産に関してのタブーや習慣は

驚くほどちがいます。
出産に良いとされる姿勢も立っていたり

うつ伏せだったりと様々です。
ひっぱらずに自力で出てくるまで

待つ地域や帝王切開がステイタスになる

国まで医療の現場も含め紹介されています。
様々な国で習慣が違っても

産後に特別な養生の期間が有ることや

特別な食事などが推奨されることなど

カタチは違っても共通している

習慣もあります。
また「赤ちゃんポスト」の名称で

話題になったシステムも実は

12世紀から原型はあったということも

驚きました。
出産に関係なくこの世に存在している人は

ありえません。
是非読んでください。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。
日本で暮らしていると自国の医療は

世界最先端のように紹介されている

記事をよく見ます。
助産婦、入院設備、産婆、

家族や近所の女性たちのネットワークなど

環境面も含めると

設備や技術だけが最先端なら心が休まり

安心した出産ができるというのは

違うのだということが良くわかります。
また驚いたのは伝統的な産後の休養期間です。

中国では30日、イスラム圏では40日、日本は

21日と日本より男尊女卑傾向が有りそうな

イスラム圏の方が日本の倍の日数を

指定されているのは意外でした。
一夫多妻制でも内縁のようなものは存在せず

必ず結婚するのに対して、日本は報道でも

内縁や同棲など婚姻関係のないものを

言葉の面でも認めてしまっています。
法治国家と言いながら、とりあえず決まりを

作っては見るものの罰則がなければ守る必要がない

という良い例です。
世界の出産事情を見てみると

日本はあまり妊婦や出産後やさしい国では

ないなという印象を持ちました。
農村が多く、家の中でできる作業が

あったということが原因なのかもしれませんが、

産後無理をすると生涯の健康に影響する

というのは世界の共通認識のようです。
「あなただったらどの方法?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される