能楽盛衰記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.60  2010年11月13日配信

『能楽盛衰記』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #60

「全天候型?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

—————————————————
『能楽盛衰記』

池内信嘉

東京創元社
—————————————————
著者 池内信嘉(1858~1934)さんは高浜虚子の兄で、明治から
昭和にかけて活躍した能楽研究家です。

江戸時代の能役者については家系、数、禄高、日常の稽古の様子

江戸城での謡初めの様子や能面の系譜、江戸以外の能役者名簿
などデータベースとしても情報満載の一冊です。

その他、現在でも舞台で行われている演出や風習の由来など
当時のエピソードを交え多く紹介されています。

ぜひ読んでみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。森澤勇司です。

「兵法家伝書」で紹介させていただいた柳生但馬守と観世黒雪の
エピソードが紹介されていました。

観世黒雪シテの「井筒」の上演中に但馬守が「喝」と叫んだことを
将軍に詰問されたとき但馬守は「一点も隙のない能の中で一瞬の隙が
見えた」と答えたそうです。後で黒雪に聞くと井筒を覗いたときに
紙片が落ちていたのに意識がいったと答えたそうです。
道は変わってもさずが達人と人々は感嘆した。
井戸を覗き込むところは無音になるところなので周りの方も
さぞ驚いたことだと思います。

こういう話を実生活にどう当てはめれば役に立つのでしょうか。

紙片を何かに置き換えて使ってゆきたいと考えています。
人の細やかな気遣いに対して「ありがとう」といってみるとか
道路に飛び出しそうな子供に注意するとか、、、

声をかけるというのは中々勇気がいりますね。

相手の心の動きに敏感になり反応していく、
こんなことが達人への道なのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントは利用できません。

【無料】和の心を磨く習慣

 
森澤勇司メルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

LINE@

友だち追加

「風姿花伝」の教え

おすすめ

Twitter

ページ上部へ戻る