読書について

□□□□□□□□□□□□□□□□□

あなたもできる!朝活読書。

vol.256  2011年5月28日配信

『読書について』

□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #256

「あなたにとって考えるとは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『読書について』

ショウペンハウエル 著

赤坂桃子 訳

PHP出版社

———————————-

著者 ドイツの哲学者ショウペンハウエルさん

(1788~1860)が読書ついてかたった一冊です。

読書についての逆説的な言い回しによって

本を読むときに注意する点を説いています。

「自分の考えを持ちたくなかったら

一分でも空き時間が出来たら本を読む事だ。」

また

読めば読むほど黒板に重ね書きしたように

精神に痕跡をとどめなくなる。

本よりも世界をよめという

古典的読書ガイドです。

 

●この本を一言でいうと

「頑固オヤジ」です。

●おすすめのポイント

この本の中で著者はこう語っています。

「紙に書かれた思考は砂浜を散歩する人の

足跡に似ている。

その人が何を見たのか知りたければ

自分で歩き自分の目で確認しなければならない。」
本を全く読まない方にも考える事に

意識を向けられるような内容です。

知識だけで考えない者に対するシグナルや

知識がないと空模様などの会話に

頼るしかなくなるが、会話のできない人間は

知識を補わなくてはいけない。

一番近くに読んだ本に影響されやすい方には

おすすめの一冊です。
ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

―――――――――――――――――

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。

本を読む事には哲学者それぞれの意見が有って

面白いですね。

考えたことの確認としての読書や

読まない技術については具体的な

方法が語られていました。
「あなたにとって考えるとは?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される