【星空案内人になろう!】


□□□□□□□□□□□□□□□□□
毎日1分!朝活読書。

vol.298  2011年7月9日配信

『星空案内人になろう!』

柴田晋平 ほか 著

技術評論社
□□□□□□□□□□□□□□□□□

「夏が暑いのは太陽がしし座にあって
その影響を受けるからだろう。そのとき
生まれた子は、勇敢な性質を持つようになる」
などと考えたのです。

本文より

▼「占いコーナー好きですか?」

先日の「天文宇宙検定」に続き、
星空案内人という天体の本です。

「星のソムリエ」という副題がついていたので
マニアックな本かと思いましたが、
天文台で作った資格のことでした。

やまがた天文台のオープンと同時に
同館で行われる星空ガイドを養成する
しくみとして始まったと解説が有りました。

実際の受験方法、資格取得後の
活躍の場なども説明されています。

さて本文の内容は天体の基礎知識も
さることながら望遠鏡の扱い方、
神話、占星術と実際の天体の動き、
手を使った星座の観測方法、
七夕やお盆の日にちの考え方など
生活に密着した話題など
幅広い内容が一冊に凝縮されています。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

星占いのコーナーというのは
いろいろな雑誌についていますよね。

自分の星座を知らない方は
少ないのではないでしょうか。

あの日付の区切りかたを
なんだか中途半端な日で
くぎってあります。

これはほぼ旧暦の二十四節季の
通りです。

節句は新暦の上に載せてしまう現代人ですが、
星占いは二十四節季で忠実にくぎっています。

しかしながらこの星占いも二千年の間に
宮と星座の位置がずれてしまったり
太陽が通過する日にちが
2日から1週間ずれてしまっていて
理論的な整合性がなくなっています。

最近では「へびつかい座」を加えて
13星座というのあるそうです。

十二宮での生まれの特性を書いた
「宿曜二十八宿秘密奥義伝」の天体配置も

地球、月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星

という配置になっていて、数千年の間に
天体の位置関係も変わり、しかも地動説の現在
星占いの意味を見出すのは難しいかもしれません。

実際に太陽や月の影響は多大ですが、
それ以外の天体の影響というのは
あるにしても小さいものかもしれませんね。

「占いコーナー好きですか?」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される