【心の品格】ジェームズ・アレン 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.320  2011年7月31日配信

『心の品格』

ジェームズ・アレン 著

ゴマブックス株式会社

□□□□□□□□□□□□□□□□□

『勉強やスポーツ、あるいはビジネスで、

何かを新しく学ぶときは、かならず段階を踏んで

進歩していくもので、内面的な心の成長も同じです。』

本書より
▼「心の成長とは?」

『「原因」と「結果」の法則』で有名な

ジェームス・アレンさんの著作です。
さまざまな成功哲学のなかで思考や心の

レベルを高める必要性は必ず語られている事です。
その心の状態に特化して具体的な

方法を解説した一冊です。
心の状態をよくする「3つのレッスンと10のステップ」

毎日の生活が変わる「7つのステップ」など

「心の品格」を高めるために必要な

生活習慣が語られています。
『人生は、まさに「心のあるがまま」に流れていくのです。』
人生というと先が見えなくてどこに向かっているのか

わからないと思っている方もいるかと思います。
10分後とか1時間後を思い通りに「心のあるがまま」に

してゆく事から始めてみても良いのではないでしょうか。
是非読んでください。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。
「心の品格」という題名はちょっと

硬い感じがしますよね。
内容もお説教じみたことが書いてありそうな

感じもします。
実際、成功法則とか心の習慣が説かれた

本を読むと「やっぱりできてないな」とか

「自分には無理」と打ちのめされて読むのを

やめてしまいたくなることもあると思います。
そんな硬い本でも笑いのツボに

はまってしまうことがあります。
なんとなく不謹慎な感じですが、

こればかりは仕方ありません。
書いてある内容がおかしいということではなく

なにか自分の生活と比較したり、似たような事柄が

あるので、つい笑ってしまうのだと思います。
この本の中では

「寝床は、身体を休めて眠るための場所で、

考えて行動するための場所ではありません。」

という所がツボにはまってしまいました。
この本を語るときにこの一文は忘れることは
ないとおもいます。
硬い本を読んでいて笑ってしまったことはありますか?

「心の成長とは?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

森澤勇司

森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京と生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される

最新記事 by 森澤勇司 (全て見る)

よく読まれている記事