復刻!ビンテージ・ギター・スコア40選

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

あなたもできる!朝活読書

vol.150  2011年2月11日配信

『復刻!ビンテージ・ギター・スコア40選』

http://ameblo.jp/yu-o-mo/
◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #150
 
 「パリ、パリス?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『復刻!ビンテージ・ギター・スコア40選』

リットー・ミュージック・ムック
—————————————
ギターマガジンの創刊25周年を記念して
発売されたスコア集です。

「ホテル・カルフォルニア」イーグルス
「いとしのレイラ」デレク&ドミノス
「哀愁のヨーロッパ」サンタナ

その他ギターマガジンが創刊されてから
掲載された1000曲以上のスコアの中から
読者リクエストで選ばれた40曲です。

スコアの紙面デザインを統一せず
解説も含め掲載時のまま復刻されています。

ギターマガジンを読んでいた方は
タイムマシンに乗った気分になれること
と思います。

かつてギターマガジンを
読んでいた方にはおすすめです。

ギターマガジン楽譜掲載楽曲リスト

先日、旅立たれたゲイリームーアさんの
「Parisienne Walkways (邦題 パリの散歩道)」は
40曲目に掲載されています。

元ギター小僧たちは弾いてしまいますよね。
3分過ぎに出てくる長いフィードバックを聞いた
友人はCDプレーヤーが故障したと
思ったそうです。
(Youtubeの画像から聞くことができます。)
3分15秒くらいのところです。

この本のなかでも
名ギタリスト語録は成功者のことばとして
元気づけられます。

●ニールヤング
「ひどいものでも、作り続けろ。
きっとすぐにグレートになれるさ。」

●高崎晃
「腹筋がいりますよ。」

●ジョー・ペリー

ミュージシャンにならなかったら?
「退屈していただろう。」

などビジネス書の成功語録とはちょっと
違った語り口も刺激になります。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

ロックというのは見方によっては
イギリスの郷土芸能と言えるのでは
ないでしょうか。

名ギタリスト語録を読んでみると
発刊当時の5年前には全く気にしてい
なかった事に気が付きました。

●スティービー・レイボーン
●リッチ―・ブラックモア

モデリングこそがオリジナリティー
確立の近道と語っています。
真面目なタイプです。
あらゆる分野で使える考え方ですね。

●ジョー・パス
●ジョージ・ベンソン

ホーン系の音をイメージして弾いている。
色々な楽器や自然音を別な楽器で表現する発想

は能に近い。

●ミック・マーズ(モトリークルー)

できないと思うからできなくなる。
自分で限界を作ってはだめだ。
シラフでいる方が多く学べる。

真面目なタイプ、努力型ですね。

「シラフでいろ!」

名言です。

●ジェフベック

ストラトと僕の指さえあれば、言いたいことは

すべていえる。

●キース・リチャーズ

チューニングがくるっていると指摘されたこと

は何度もあるが、そんなことは日本人やアラブ

人に言ってくってことだな。

●イングウェイ・マルムスティーン

曲が同じに聞こえると言われたら

「お前は音痴だろう」と言ってやりたい。

トレードマークの音スタイルを大切にしている。

この方々の傲慢とも思える
自信というのは強いです。

まとめてみると

●いいものをモデリングすることが
オリジナリティ確立の近道。

●別の分野でいいと思ったことは
自分の分野におきかえてみる。

●勉強するときはシラフでいる。

●フラストレーションがたまると
我がままになる。

●ないものは作る。

●好きなものをできるまで続ける。

●長生きする。

●人の言うことに左右されない。

訳してある日本語はロック調な
言葉づかいですが、言っている内容は
素晴らしいです。

イギリス地方の郷土芸能「ロック」
ヒットするものにはいろいろな
メッセージが組み込まれている物ですね。

昨年12月31日号もチラッとみちゃう!
http://ameblo.jp/yu-o-mo/day-20101231.html

今年1月17日号もチラッとみてあげる!
http://ameblo.jp/yu-o-mo/day-20110117.html

ご冥福をお祈りいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される