剣豪という生き方

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.63  2010年11月16日配信

『剣豪という生き方』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #63

「何人わかりますか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

—————————————————
『剣豪という生き方』

本山賢司 著

東京書籍
—————————————————
著者 本山賢司さんは1946年生まれのイラストレーターです。

現代から幕末、江戸時代、戦国時代と3つの時代別に101人の
剣豪を紹介しています。

見開きの片面はイラスト、片面は文章という構成でイラストだけ
見ていても楽しめる一冊です。

剣豪の生涯というのは驚くほど似ていると著者は語っています。

幼少から剣術の稽古を始め、近隣に敵なしとなり旅の武芸者に
コテンパンにやられ、弟子入りし、修行ののち神託を受け、
謎の死を遂げる。

そんなパターンの生涯が多いそうです。

これは武術に限らず何かを極めた人に多い生涯のパターンと
言えるかもしれません。

生涯は似ているのかもしれませんが、イラストに描かれた剣豪
たちの個性は強く、かなり濃いキャラクターの人物ばかりです。

近代では森寅雄、園部秀雄、江戸時代では柳生宗矩、柳生十兵衛、
土方歳三、宮本武蔵など101人の剣豪の生涯に触れてみてはい
かがでしょうか。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。森澤勇司です。

三国志、水滸伝なども濃いキャラクターが多数登場しますが、
この本の101人は実在していたというところが凄いところだと
思います。

現代に生きていたらどんな仕事をしているのか、想像してみる
のも楽しそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される