岳物語

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
  
朝活読書 vol.94  2010年12月17日配信

『岳物語』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    

        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #94
 
 「保護者とは?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

————————————–
『岳物語』
 
椎名誠 著

集英社文庫
—————————————
著者 椎名誠さんは1944年生まれの
小説家です。

ご子息「椎名岳」さんとの思いでの
エピソード9編が綴られています。

息子の成長に一喜一憂する親の気持ち
が生き生きと描かれています。

なにか小学校の同級生にいそうな
岳君の存在を身近に感じられる一冊です。

子育て中の方も、そうで無い方も
変わってゆく相手に対して自分は
どうすれば良いのかヒントになるの
ではないでしょうか。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

小鼓の教室には小学生の部があります。
未就学児も受け入れています。

通ってくるには防犯上保護者の送迎が
条件になっています。

毎回、思うことの一つに
「自分はここには来られなかったな」
という事があります。

4,5歳の頃、祖母が病気だったこともあり
幼稚園からも送迎なしで
行き来することになっていました。

ですから講師でいっていながら
「この子たちはいいなぁ」と
羨ましい気持ちになることが有ります。

何かしてみたいという気持ちがあっても
送迎してくれる人がいないというだけで
出来なくなることが有ります。

年を取ったり体が不自由になったり
自分一人で行動できなくなったときに
後悔しないように行きたい所、
したいことは後回しにしないように
したいものですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岳物語 (集英社文庫)/椎名 誠

¥450
Amazon.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される