ムーミン一家とメイドのミザベル

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
  
朝活読書 vol.99  2010年12月22日配信

『ムーミン一家とメイドのミザベル』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #99
 
 「本当は?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

————————————–
『ムーミン一家とメイドのミザベル』

トーベ・ヤンソン
ラルス・ヤンソン 著

野中しぎ 訳

福武書店
—————————————
12月2日号「ムーミン一家とメイドのミーサン」の翻訳された元のコミックです。

なぜこの本を探したかというと
「~ミーサン」の方は著者が
岡村美恵子さんになっていたからです。

ムーミンの作者はトーベ・ヤンソンさん
だという事は知っていたので少々疑問に
思って探してみました。

ムーミンは1954年ロンドンで
トーベヤンソンさんが
イブニングニュースの依頼を受けて
書き始めたそうです。

1958年からは弟のラルスさんがコミックを
担当し小説をトーベさんは小説に中心に
活動することになったようです。

ムーミンママ一家のゴミだらけの家の中は
メイドよりも11月11日号の
「遺品整理やは見た」の著者に頼んだ
方が良いのではないかと思うほどです。

汚れたお皿は次の雨までベッドの下に
入れておくとか家事は気が向いたとき
お客様の飲み物にハエをいれたり
アニメのムーミンとはだいぶ印象が
違います。

少々ミステリー仕立てのところもあり、
日本版はだいぶソフトになっている
印象を受けました。

あらすじは「~ミーサン」と同じですが
どういうシーンを繋いで編集しなおして
いったのか2冊並べて読んでみると
面白いと思います。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

1954年(昭和29年)は
第五福竜丸
http://d5f.org/index.html

がビキニ環礁で被爆するという事件が
起きた年でした。

今年、世界遺産に登録されたそうです。

富士山を世界遺産にするためには
ミザベルを雇わなければいけないのかも
しれません。

富士山を世界遺産にする国民会議
http://www.mtfuji.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ムーミン一家とメイドのミザベル (ムーミンの冒険日記)/トーベ ヤンソン

¥1,325
Amazon.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される