日本語は天才である

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
  
朝活読書 vol.131  2011年1月23日配信

『日本語は天才である』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #131
 
 「日本?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『日本語は天才である』

柳瀬尚紀 著

新潮文庫
—————————————
著者 柳瀬尚紀さんは1943年生まれの
翻訳家です。

『不思議の国のアリス』
『フィネガンズ・ウェイク』などの
翻訳を手掛けています。

意味だけの訳ではなく言葉遊びの部分も
考え抜いて楽しさも翻訳できる翻訳家です。

日本語の間違えを指摘するような本が
多い中、固まってしまった言語観を
リセットできる一冊です。

“You are a full Moon.”

“You are a fool Moon.”

月が声をかけられて突然怒り出す場面だそうです。

意味はすぐ分かる単純な文章ですが、
著者は聞き間違えて怒る理由まで
注釈なく訳しました。

「されば、かの満月か」

「去れ、バカの満月」

この訳ができたときに日本語は天才だと
確信したそうです。

縦書きも横書きも漢字アルファベットまで
組み込んで文章が作れる私たちの「日本語」は
天才なのです。

「不思議の国のアリス」好きの方に
おすすめです。

「語学に堪能」

「堪能」と「たんのう」と読んでいる方

社内研修などで敬語や日本語の指導を
している方は必読の一冊です。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

和製英語とかカタカナ語はもう
日本語の一部だという事に異論を
唱える方はいないと思います。

反面、ビジネス書などで紙面の多くが
カタカナ語だと抵抗が有る方も
多いのではないでしょうか。

まだ抵抗を感じるのだと思います。

では和製漢語って意識して
使っているでしょうか。

特に勉強している方以外は例を
挙げるのも難しいのではないでしょうか。

文化、民族、思想、宗教などなど

新しく作られた言葉です。

そもそも私たちの住んでいる
「日本」って正式にはどう
読むのでしょうか。

英語なら「JAPAN」です。

日本語だったら「にほん」「にっぽん」

「NIHON」「NIPPON」

法令では決まっていないそうです。

「オーストラリア」と
「オーストリア」が一文字違うだけで
まったく別な所になってしまいます。

うさぎ好きの方なら
「ホーランド」と「ポーランド」
の違いだって敏感に感じると思います。

でも「日本」の読み方は決まってないんです。

これが多彩な言語感覚を生み出す
核なのかもしれませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本語は天才である (新潮文庫)/柳瀬 尚紀

¥420
Amazon.co.jp

$あなたもできる!朝活読書-DSC_0104.JPG

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される