アトムの足音

アトムの足音―これぞ世界に誇る科学の力 (チャートBOOKS)/著者不明
¥1,208
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.250  2011年5月22日配信

『アトムの足音』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #250

 「あなたにとってロボットとは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『アトムの足音』

中野 栄二 監修

数研出版
———————————-
監修の中野栄二さんは東北大学教授の
工学博士です。

アトム、ドラえもん、ガンダムなど
アニメの中の想像でしかなかった
二足歩行ロボットの現状と可能性などが
ふんだんに語られた一冊です。

●この本を一言でいうと

「まとも」です。

●おすすめのポイント

「人間」の感覚に限りなく近づかせて
行く研究過程では必ず「人間」とは
何なのかと言う問題にぶつかって行きます。

人間に似た形をして、人間に近い感情を
もっているのに人間にできない事を
させようというロボットはアニメに
よく出てきます。

実用の面を含めてどのくらい実現可能なのか
現在の技術でアトムは作れるのかなど、
親子で楽しめる内容です。

二足歩行ロボットの最大の弱点は
倒れる事です。

歩くと走るの違いや感情など
人間という物を客観的に考えたい方にも
おすすめです。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

この本は2003年に発売された本ですが、
レスキューロボットの章に
「20年後にすごいロボット作ります」は許されない

という記事が有ります。

1995年の阪神淡路大震災、2001年の米国同時多発テロ
の倒壊など人間では手におえない参事が起こっています。
ロボットに期待されることは
「探索」「がれき除去」「搬送」だとこの本では
語られています。

人命救助という明確な目的を持っている
レスキューロボットに関しては
「何時までにつくればいいよ」
という悠長なことは許されないとも
語られています。

またこの時点での政府発表として
50年以内に80%の確率で、東海、南海地震が
おこるという予報を掲載しています。

予想される被害の大きさは東海地震が8100人死亡、
南海地震が7400人死亡、南関東直下型地震が
東京都だけで7000人死亡という政府発表が有ったそうです。

そして20年もたたないうちに
東北地方太平洋沖地震が起こりました。

2003年に許されないと言う事がわかっていながら
実用になる開発はあまり進まなかったようです。

これは開発者の問題なのか予算の問題なのか
許されない結果には罰則があったのか

発刊の時点では災害救助犬にロボットは
勝てない現状が有りました。

救助のための泥臭いロボットとして
蛇型ロボットや全身キャタピラの箱のような
ロボットが紹介されていました。

生き物ゆえの限界という物をこえる
ロボット開発は進むのでしょうか。

「それでもレスキューロボットは必要ですか」

考えようによっては冷蔵庫も洗濯機も
皆ロボットです。

各消防署にレスキューロボットが1台あっても
悪くないと思います。

「あなたにとってロボットとは?」

http://eq.ainest.com/

↑感情とは?

←空メールで登録できます。

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
25日開催です。

http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

もう一つオマケ

最近開発されたドラえもんの手

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される