文芸

イノック・アーデン

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
  
朝活読書 vol.124  2011年1月16日配信

『イノック・アーデン』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #124
 
 「トランスフォーマー?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『イノック・アーデン』

テニスン 著

入江 直祐 訳
—————————————
著者 テニスンさんは1809年生まれの
詩人です。
このイノック・アーデンは
テニスンさんが55歳の時の作品です。
発表当時、即日1万4千部を売りつくした
という人気作品です。

訳の入江直祐さんは1901年生まれです。

初版は1933年入江直祐さんが22歳の時に
翻訳し出版されました。

1956年に改訂され現在の版になっています。

能楽研究でも有名な野上豊一郎博士の
推薦文が掲載されています。

イノックアーデンは漁師でした。
真面目に働きアニイと結婚し
子どももでき幸せに暮らしていました。
事故で足をおってしまい
仕事ができなくなってしまいました。

知り合いの船長から遠洋の仕事を
紹介され家族のために出かけます。

船が座礁しましたがイノックは
生きていました。

十年後に戻ってきたとき
家族はどうなっていたか、、、、

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

男性二人に女性一人が愛されてしまう。

数年前にヒットした
「冬のソナタ」など
ドラマや映画でもこのパターンは
多いですね。

能では「求塚」という作品が
男性二人に愛された
女性のお話が有ります。

「求塚」は女性が主人公です。

「イノック・アーデン」は男性の一人

「冬のソナタ」は男性の一人

「春の雪」は男性の一人

パターンは違いますが

「源氏物語」は光源氏が主人公ですが
各巻は女性が主人公といっても
よいのではないでしょうか。

誰の人生にスポットを当てるかで
大分、作品が変わってきますね。

「イノック・アーデン」を
演劇にするのだったらアニイを主人公に
しても面白いかもしれませんね。

酒場のおばあさんが語る一人芝居も
魅力的です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イノック・アーデン (岩波文庫)/テニスン

¥378
Amazon.co.jp

The following two tabs change content below.

森澤勇司

重要無形文化財能楽保持者 20歳から能楽界に入る 43歳で脳梗塞の後 リハビリのため記憶の仕組み、心理学を学び復活 47歳で重要無形文化財「能楽」保持者に選出される。

最新記事 by 森澤勇司 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 会員の声  ○○さん
  2. 書店に並び始めました。
  3. 空海と西洋占星術 森藤桜の埋蔵文化発掘談(仮) 第2部
  4. 花粉症対策をする
  5. 「煩悩とお金の流れ」第27部 森藤桜の神通力とコンシェルジュ

関連記事

  1. 文芸

    方丈記

    □□□□□□□□□□□□□□□□□ あなたもできる!朝活読書。…

  2. 文芸

    カラフル

    ◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆あなたもできる!朝活読書 vol…

  3. 文芸

    伊曾保物語

    ◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆朝…

  4. 文芸

    デーモン小暮閣下の悪魔の人間学

    □□□□□□□□□□□□□□□□□ あなたもできる!朝活読書。vo…

  5. 思考・哲学

    福島泰樹全歌集

    □□□□□□□□□□□□□□□□□あなたもできる!…

  6. 文芸

    この人を見よ ECCE HOMO

    ◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆  朝活読書 vol.141  …

【無料メルマガ】

【無料】和の心を磨く習慣
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

能楽堂リンク

  1. youtube番組

    「編集後記」第34部 森藤桜の神通力とコンシェルジュ
  2. youtube番組

    第21部 年内の配信予定 森藤桜の神通力とコンシェルジュ
  3. youtube番組

    「論より証拠とお客様の声」 第23部 森藤桜の神通力とコンシェルジュ
  4. 未分類

    日本No.1世界無形遺産 能楽の小鼓研究会
  5. 交流

    日本一のランチ会 vol.140
PAGE TOP