遊ぶ日本語 不思議な日本語

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

あなたもできる!朝活読書

vol.157  2011年2月18日配信

『遊ぶ日本語 不思議な日本語』

http://ameblo.jp/yu-o-mo/
◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #157
 
 「。?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『遊ぶ日本語 不思議な日本語』

飯間 浩明 著

岩波アクティブ新書
—————————————
著者 飯間浩明さんは1967年生まれ。
早稲田大学メディアネットワークセンター
非常勤講師です。(2003年発刊当時)

「おそろしくやさしい人」

「おそろしい場所」

「おそろしい人」

これら意味が変わる「おそろしい」を
的確に選んで行けるのはなぜなのか。

「山々」はあるのに「川々」は使わないのは
なぜなのか。

著者の原稿に「食べられる」が「食べれる」
と校正された話や

「モーニング娘。」の「。」の意味など

普段、気にしていないけれども
説明は、、、できない!

はやっている表現や言葉を楽しく
分析した一冊です。

「国境」を「くにざかい」「こっきょう」
どちらなのか疑問に思った方には特に
おすすめです。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

「て抜き言葉」の事が紹介されていました。

太宰治さん「人間失格」の中の「生きくれよ」

下宿の娘が短歌らしい言葉を使おうとして
「生きてくれよ」を「生きくれよ」と書いた
例です。

近松門左衛門さんも「て抜き」言葉は使っていて
「呼びだしてくれ」を「呼びだしくれ」と

樋口一葉さんも日記の中で
「参ってくれ」を「参りくれ」

またことばに非常にうるさかった評論家
福田恆存さんも「ヴェニスの商人」の
翻訳の際に
「応じてくれる由」を「応じくれる由」

と表現している例を挙げています。

何れも「古語風」であって古代の中には出てこない表現だそうです。

江戸時代ごろから

「してくれる(くださる)」

「してやる(あげる)」

「してもらう(いただく)」

というに相当する表現が出そろったそうです。

江戸以前の人なら迷わず

「生きよ」「参れ」

となるそうです。

ハッキリしてますね!

2月2日号

「この人を見よ」もおすすめです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遊ぶ日本語不思議な日本語 (岩波アクティブ新書)/飯間 浩明

¥735
Amazon.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される