無痛バランス療法の神秘

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

あなたもできる!朝活読書

vol.171  2011年3月4日配信

『無痛バランス療法の神秘』

http://ameblo.jp/yu-o-mo/
◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #171
 
 「前後左右?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『無痛バランス療法の神秘』

林 宗駛 著

二見書房
—————————————
著者 林 宗駛さんは1939年生まれ
無痛バランス療法の創始者です。
現在は身心相療法という名前で
全国各地に診療所が広がっています。

心と体は切り離せません。

パソコンでいえば体はパソコン本体
心はデータという感じでしょうか。

痛みに対する治療は叩く、捻じる、
圧迫する、冷やす、温める、押す、
ひっぱる、塗る、貼る
投薬といった療法が主流です。

この本で紹介されている考え方は
そういったものではなく
体のゆがみを取る事だけに特化しています。

かゆい、痛いところがあれば数パーセントは
そのことに心を奪われます。

身体がすっきりしていれば内部の循環も
精神状態もスッキリ健康になってゆく
という考えが語られています。

http://sinso-sakai.com/
川口さん

http://www.shinso-shuntokumichi.com/
大向さん

お二方と知り合いになりこの療法の
良さをうかがいました。

心が晴々しない原因は実は
身体に有るのかもしれません。

ぜひ読んでください。

こちらもおすすめです。
http://www.shinso-mitaka.com/
三鷹

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

今日は日曜日の観世会の申合せでした。
ゆく途中に大向地区会館という建物が有ります。
ここを通りながら大向さんの事を
思い出していました。

この方の診療所のある俊徳通りというのは
能「弱法師」の主人公「俊徳丸」が
天王寺から高安の行き来に通ったという
伝説から名づけられています。

能楽堂に行く途中に同じ名前を見て
その方は能の題材になったところで
仕事をしているこんなことも
見つけられると普通の日々が感動的に
なります。

日々健康に感謝しています。

――――――――――――――――

アンサンブルモデ
CD発売記念コンサートは
3月20日14:00~
大泉学園ゆめりあホールです。
ご来場お待ちしています。

http://ameblo.jp/cafe-espressivo/
「農園カフェからの手紙」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛いからだを優しく治す無痛バランス療法の神秘/林 宗駛

¥1,223
Amazon.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される