3時間歩いた花見の男たち【西行桜】

3時間歩いた花見の男たち【西行桜】

西行桜に登場する花見の男たちは実際どのくらい歩いたのか検索してみました。

正確にはわかりませんが、上京区から東山地主の桜までは検索で1時間12分

花見がてらに往復するには現代人にもいい距離かもしれません。

昨日は東山地主の桜、一度家に帰ったのか

東山で止まったのかはわかりませんが、物語の当日「今日は西山西行の庵室の花、、、」ということで

友と連れ立って西山に出かけていきます。

勝持寺(しょうじじ)というところらしいので検索してみると

上京区からは3時間7分!!

清水寺から直接向かっても3時間以上かかります。

今は車があるのでそんなに距離感を感じていないですが

物語の中で3時間かけて花を見ようとおもってやってきたら

少しぐらいいいじゃないかという気持ちになるのもわかりますね。

 

天台宗 勝持寺(しょうじじ)
通称:花の寺
〒610-1153
京都市西京区大原野南春日町1194
TEL:075-331-0601
FAX:075-331-0664
拝観時間:9:00~17:00
(受付16:30終了)
拝観冥加料
◎大人400円
中高生300円
小学生200円
(大人30名以上の団体 1人350円)
◎毎年2月中、拝観休止(要予約)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される