古文の読解

古文の読解 (ちくま学芸文庫)/小西 甚一
¥1,575
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.259  2011年5月31日配信

『古典の読解』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #259

 「あなたにとって古典とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『古典の読解』

小西 甚一 著

ちくま学芸文庫
———————————-
著者 小西甚一さん(1915~2007)は
フランス語、中国語を習得し能狂言、俳句
などにも造詣の深い文学博士です。

表紙やタイトルからして硬い学術書だと
思ってしまいますが、その期待は裏切られます。

もともとは参考書だったそうですが、
「受験を離れた大人が古典をゆっくり
味わうためのガイド」というスタンスの
楽しい一冊です。

●この本を一言でいうと

「なるほど」です。

●おすすめのポイント

古典の文法や時代背景にとどまらず、
全体としての理解の方法なども
語られています。

ジャンルやボキャブラリーという意味の
理解や辞書を使わずに読む方法など
古典を読もうとしている方や
もっとわかりたいと思っている方には
最適なガイドブックです。

いちいち辞書なんか引かなくても
ちゃんと解釈できると言う事について

「どうしてそんな芸当ができるのか。

コツは簡単である。無料で教えるのはなんだか損を
するような気もするが」

としたうえで公開、解説している方法は古典だけでなく
外国語にも応用が利きそうな方法です。

また寝殿造りのウソというコーナーでは
誤った情報が転載、転載の末に定番になってしまう
教科書の問題を指摘しています。

読み物として楽しめる本ですが、最後の章には
試験の対策も解説されています。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

20年以上前、謡の意味を調べようと思って
受験用の古典参考書を読んだことが有りましたが、
混乱したというよりさっぱり
役に立てる事ができませんでした。

その点、この本は能や狂言を含めた
古典全般に通じている考え方を
まとめてある珍しい本です。

こうして読んでみると
時代ごとの古語のニュアンスや意味の違いを
説明には外国語を使った方が
簡単に説明できることが多いようにも思えます。

古典と外国語は分離せずに同じ授業
にした方が理解しやすいかもしれませんね。

「あなたにとって古典とは?」

ジャガイモの花って見たことありますか?

http://ameblo.jp/bon-bon-kun/entry-10900324025.html

http://eq.ainest.com/

↑感情のコントロールについて
非常に効果のあるセミナーです。

←空メールで登録できます。

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される