【名刀伝】牧 秀彦 著

剣技・剣術〈3〉名刀伝/牧 秀彦
¥1,995
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.273  2011年6月14日配信

『名刀伝』

牧 秀彦 著


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼「絵の中のものに名前が?」

「丹州大江山に住す通力自在之山賊を
源頼光公此太刀にて討し申伝候」

歴史を描いた絵画の中に出てくる刀が有ります。
絵で見れば同じように見える刀ですが
それぞれに特徴や名前がついています。

そうした実在している名刀を集めた一冊です。

酒呑童子の首を切り落としたと伝えられる
「童子切安綱」

能「小鍛冶」に登場する宗近が打ったという
国宝「三日月宗近」(子狐丸は消失)

鵺退治の源頼政が愛用していた「師子王」など
現存している名刀の写真も掲載されています。

また義経の今剣が実は小鍛冶宗近が
鞍馬山に奉納した大太刀を短くしたという伝説や
静御前の薙刀や弁慶の岩融も宗近が鍛えたという
エピソードは能楽ファンにもおすすめの内容です。

多々満仲(能、仲光、満仲)の膝切、髭切と能・土蜘蛛
の頼光の蜘蛛切の関係などマニアックに
能を楽しみたい方のガイドとしてもおすすめです。

_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

刀は普段使う事もなく伝説の名刀は博物館でしか
見ることはできませんが、

この刀の本を読んであらためて思うのは
能舞台というのは、まさに動く美術館です。

伝説の中の装束や面が実際に舞台に使われています。
伝説の剣豪が実際に見た
面、装束が舞台で見ることが出来るという
環境って凄いことですよね。

「絵の中のものに名前が?」

おもしろかった。役に立ったと思った方は
是非ワンクリックお願いいたします。

【毎日1分!朝活読書。】

http://nohgaku.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される