【男の子を追いつめるお母さんの口ぐせ】金森浦子 著

男の子を追いつめるお母さんの口ぐせ (静山社文庫)/金盛 浦子
¥630
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.276  2011年6月17日配信

『男の子を追いつめるお母さんの口ぐせ』

金森 浦子 著

静山社文庫


□□□□□□□□□□□□□□□□□

「口ぐせって、それを言ったら息子が傷つくと
わかっているんですね。わかっているのに、また、
つい出てしまう。言われる方も、言っている方も
いいことはないのに、なかなかなくならない。」

セラピスト:金森浦子

▼「あなたの口ぐせは?」

本を開いたとたんに、まず驚きました。

ほぼ言われたことのある言葉や
言い回しが並んでいました。
1~56までの言ってはいけない言葉が
解説されているのですが、
ざっと見ただけでも40個は言われ続けてきた
言葉でした。

「産むんじゃなかった」「勝手にしなさい」
「口答えするな」「我慢しなさい」

日々、マイナス語のシャワーを浴びて育って
しまった方は、母親のためにも
この本を読んで自分で言葉を書き換えていく
という目的にも使えます。

実際に男の子がいるお母さんには直面してから
悩むより事前にこういうことが起きてくるんだな
という心の準備としても良いと思います。

どういいかえればよいか、
どういう気持ちで接するか
などテクニックではない心の部分から
解説が有るのでつい言ってしまった後も
フォローすることが出来ると思います。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

本屋さんに平積みになっていたので
手に取りました。

テストで良い点をとっても
「なぜ、前回はダメだったのか」

詰問され答えられなかったことを
思い出しました。

過去は変えられないですからね。

これは言い換えれば
母親自身が「なぜ、前回は面倒見てあげられなかったのか」
という無力感やいら立ちを言葉に出しただけの事で
発した本人が傷つくだけのような気がします。

子どもを理想の子どもにしたかったら
自分が理想のお母さんになれば簡単です。
「一生懸命なにかしているお母さんのためなら何でもしよう」
と思われるようなお母さんになれば
子どもを怒るストレスは激減するのではないでしょうか。

父親も含めて子も親もお互い様ですよね。
子がいなかったら親でもないわけですから、、

言葉で人を傷つけるのは、
たやすいことですが
動かすというのは言葉よりも行動を見せるのが
一番よいのではないかと思います。

「あなたの口ぐせは?」

こちらからも一言送ることができます。

【毎日1分!朝活読書。】

http://nohgaku.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される