妻の思いとは【芦刈】

おはようございます!
能楽師 森澤 勇司です。

心にしみる能の言葉を
厳選してお届けします。

「いかに、いにしえ人、わらはこそこれまで参りて候へ」芦刈より

都にでて出世した妻は
故郷に戻りうたいながら芦を
売っている夫と再会します。

自分の姿を見られたくない夫は
近くの小屋に隠れてしまいます。

呼びに行こうとする家来を止め
自ら夫に声をかけに行く場面です。

メールや電話では返事がなくても

◆顔を合わせれば仲良くなれます。

本日も素晴らしい1日をお過ごしください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される