掃除機の中まで清掃

一週間の計画にそって掃除をすると忘れることもなく部屋がキレイに保てます。

掃除道具の手入れもしたいわけですが、、

掃除機の中までなかなかてもブラシも届きません。

思い切って分解掃除してみました。

星型レンチがないとあかない部分もありますが、

細いマイナスドライバーで代用しました。

プラスドライバーや六角レンチはネジ山を壊してしまいます。

パッキンの間にホコリが入っていたので、

全部水洗いしたあとは、バランス良くネジを締め直して完成。

掃除前より格段に吸い込みが良くなりました。

吸引力が変わらないという掃除機もメンテナンスは大切です。

舞台の道具と同じように身近に使うものは大切に使いたいですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される