井伊直弼の作った狂言【射狸】

国立能楽堂も35周年です。

私が養成会に入ったのは昭和62年ですからできてから3年ほどのときでした。

35周年公演のひとつ狂言の会では「射狸」が上演されます。

番組はこちら

一説には井伊直弼作という伝承もあります。

笛の譜も特別に彦根井伊家と記載されています。。

井伊直弼という方は多彩で茶の本の中の「一期一会」ということばのほうがお茶の本よりも有名かもしれません。「茶湯一会集」に出てくる言葉です。

この日はおめでたい狂言の代表作「福の神」、この「射狸」、そして野村萬斎さんの「木実争」と盛りだくさんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される