【能の言葉】仕事で疲れたときは

心にしみる能の言葉を
厳選してお届けします。

「あまりに苦しう候ほどに薪を下ろし休まばやと思い候」飛雲より

羽黒山に向かうやあ節の前に、
薪を背負った老人が現れます。

山を歩いてきた老人は
薪を下ろし紅葉の下で休憩します。

山伏は紅葉の下に休む老人を
何か意味ありげに感じて話しかけます。

後場は山伏と鬼神の対決になりますが
この前半に鬼神の居場所

つまり山伏の心の動きが表現されているように感じます。

修行に向かうが違うことが心に止まってしまう
雑念の世界の見える化なのです。

仕事で疲れたときも
重荷を背負ったまま休むことはできません

◆1分だけでも重荷から開放されてみましょう。

本日も素晴らしい1日をお過ごしください。

◆舞台出演予定です
http://nohgaku.com/?p=4920

◆今月のイベントはこちらです
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1294

◆毎日1分!心にしみる能の言葉
https://www.reservestock.jp/subscribe/75464

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される