アヒル飼いになる

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.77  2010年11月30日配信

『アヒル飼いになる』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #77

「鵠とは?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

———————————————–
『アヒル飼いになる』
飼い方から実例、しつけ、卵レシピまで

アヒル好き編集部 編
平林美紀 撮影

誠文堂新光社
———————————————–

題名通りアヒルを飼いたい方のためのガイドブックです。

黄色いくちばしで真っ白なかわいいアヒルの飼い方が
丁寧に解説されています。

アヒルを飼っている方々はどんな家に住み
共に生活しているか実例も豊富で楽しめます。

またアヒルにまつわる世界のことわざも紹介されています。

「鵠を刻してアヒルに類す」
自分に置き換えてみても楽しめる記事が満載です。

ことわざの中で気になるところがありました。
「アヒルの卵ととろろ汁」
という諺があり「アヒルの卵と山芋」は「鰻と梅干」
「てんぷらと西瓜」のように食べ合わせでよくないそうです。

ヤマカケに卵がのっていることが多いですが、
鶉の卵は良いのでしょうか?
ちょっと不思議です。

細かいことはさておき、綺麗な写真も多い本なので
ぼんやり眺めて癒されたい方にもお勧めです。

特にこの本を選んだ理由の一つは
「しつけとコミュニケーション」の項目です。

「3歩あるいたら忘れる」と言われる鳥類ですが
ちゃんと学習しているそうです。

アヒルしつけ7つのルールは
そのまま人間にも当てはめて使うことができます。

きっかけ→行動→結果

思うようにいかない相手を馬鹿にするという
意味ではなく、高い視点に立って言語を越えた
コミニュケーションの方法を考えてみても
良いのではないでしょうか。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。森澤勇司です。

編集後記はできるだけ一つの話でまとめたいと
思っているので、今日は本の紹介に2つ学んだことを
語ってしまいました。
諺と7つのルールです。

そしてここでは、もう一つ気づいたことを
お話ししてみたいと思います。

アヒルを実際に飼う方はアパートやマンションでは
飼っていません。ウサギや熱帯魚を飼うよりも
住んでいるところの条件が変わってきます。

アヒルを飼いたいと思うことは決して
「アパートの一室でアヒルを飼いたい」という事ではなく、
「広い庭で池を作ってアヒルを飼おう」というような
付随するものがある方が自然な考え方だと思います。

そこで昨今「食事に味噌汁を飲まない」という
ニュースを見たことを思い出しました。

味噌汁を飲まないというのは単純に「御飯と干物」
「ご飯と納豆」だけを食べている訳ではないと思います。

パンとハムエッグに味噌汁とかハンバーガーに味噌汁
という食事はあまりしっくりきませんね。
カタカナ朝食が増えているので味噌汁の出番も減るのでは
ないかと思います。
もっと極端になれば朝食は食べていないので、味噌汁以前に
食事をしていないという状況もあると思います。

ハンバーガーやコーヒーショップに味噌汁があれば
一緒に飲みたくなるかという「味噌汁」単体の事ではなく
付随する生活状況を考え直した方がよいのだと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される