錯覚する脳

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.18  2010年10月2日配信

『錯覚する脳』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #18

「痛いところありますか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

—————————————————
『錯覚する脳』

「おいしい」も「痛い」も幻想だった

前野 隆司 著

筑摩書房
—————————————————

著者 前野隆司さんは1962年生まれ。慶應義塾大学教授です。

この本を一言でいうと「アトム」です。

人間の感じる五感は脳が作り出したイリュージョン
だということが語られています。

人の声や楽器の音など、空気の振動が耳から脳に伝えられ
それを声なり楽器の音に合成して意識で理解するという
プロセスが丁寧に説明されています。

味や痛みは自分の肉体の上で感じる感覚ですが
この音にかんしては耳で聞いているにもかかわらず
音源がなっていると意識する方のほうが多いのでは
ないでしょうか。

特に痛みの解消法は即効性があると思います。

ぜひ読んでみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。森澤勇司です。

肩こり、腰痛で苦しんでいる方多いですよね。
完全に痛みがなくなったわけではないですが、
この本を読んで痛みを解消する気づきがありました。

痛みというのはいたいところを強く意識してしまうと思います。
肩こりなら肩、腰痛なら腰です。

痛くないところに意識を向けてみるとかなり
軽減することができると思います。

物を思い出すの事も忘れてしまった事を
思い出そうとぜずに、覚えているところから
たどっていったほうが良いそうです。

現在、できている事や有るものに意識を向けてみると
気づかなかった宝物が発見できるかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される