不思議図書館

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

あなたもできる!朝活読書

vol.160  2011年2月21日配信

『不思議図書館』

http://ameblo.jp/yu-o-mo/
◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #160
 
 「へん?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『不思議図書館』

寺山 修司  著

角川文庫
—————————————
著者 寺山修司さん(1936~1983)は
演劇実験室「天井桟敷」の設立者です。

この「不思議図書館」の館長でもあります。
独自の読書哲学によって集められた
不思議な本の数々を紹介した一冊です。

ロボットの百科事典、吸血鬼、だまし絵、
少女雑誌、奇書、珍書のコレクションが
22のジャンルに分けられおさめられています。

白黒ながら画像資料も豊富に
掲載されています。

エドガー・アラン・ポオの肖像

世界の犬の吠え方11種類

龍の4段階の成長と鱗の数の秘密など

好奇心旺盛な方にお勧めです。

解説は「日本語は天才である」の
柳瀬尚紀さんです。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

「日本文化」とか「作法」「凛とした」

という言葉になにか変な居心地の悪さ
を持つことが有ります。

なんでなのか分かりませんでしたが
この本を読んで理由がわかりました。

「食べ方を読む書物」という章に

「ヨーロッパの祝祭典」の著者
マドレーヌ・ペルナー・コズマンの
言葉が引用されていました。

「何を食べたかという事が、その人間の
<ひととなり>を知る上での重要な鍵となる。」

何を、どのように、どれ位、いつ食べたか、
ということを知る事が、文明を知る事だと
いう内容が紹介されていました。

朝はトースト、ケーキ、フォークとナイフで
ディナー、、、これみたいです。

私もいつも食べてますけど
「米」が全くないのに
「日本文化」語られていると
違和感が有るみたいです。

自分の中では現在の日本文化とは

「米を食べること」

だと思っているようです。

食いしん坊ですね。

————————-

寺山修司さんは「あしたのジョー」の主題歌を作詞しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

不思議図書館 (角川文庫)/寺山 修司

¥580
Amazon.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される