中国故事物語

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

あなたもできる!朝活読書

vol.182  2011年3月15日配信

『中国故事物語』

http://ameblo.jp/yu-o-mo/
◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #182
 
 「余音?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『中国故事物語』

細田三喜男 著

講談社学術文庫
—————————————
著者 細田三喜男さん(1908~1986)は
広島県立福山誠之館中学校教諭、静岡県
師範学校教授、長崎大学教育学部教授、
同大学名誉教授を歴任し勲三等旭日中綬章を
授与された研究家です。

中国で千年以上前に起こった出来事が
日本でも故事として言い伝えられています。

物語と出典が併記されていて
読みやすい一冊です。

「天子に戯言無し」

「驥、塩車に服す」

「曾参、人を殺す」

など情報戦の原因と結末の実例が
豊富に紹介されています。

ぜひ読んでください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

「陰徳陽報」「鹿を指して馬と為す」

日本でも言い換えられてよく
使われていますが、ずいぶん
意味が軽くなっているように感じました。

鹿が踏み絵のように使われ多くの
人命が奪われました。

いまでも鹿を馬としか言えない
立場やシステムは残っています。

こうした情報の操作は無くなる事は
有るのでしょうか。
――――――――――――――――

アンサンブルモデ

http://amzn.to/feIuel

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中国故事物語 (講談社学術文庫)/細田 三喜夫

¥857
Amazon.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される