徒然草

新訂 徒然草 (岩波文庫)/吉田 兼好
¥1,008
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.242  2011年5月14日配信

『徒然草』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #242

 「あなたにとって大阪弁とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『徒然草』

吉田兼好 著

西尾実
安良康作 校注

アマゾン

楽天

———————————-
吉田(卜部)兼好さん(1283?~1352)によって
執筆されたと言われる古典です。

古典ですが随筆なのであまりかしこまらず
に読んだ方が楽しめます。

各段の文章は長くありません。

序文と243段の短編で構成されています。

字も読めるし知っている単語も出てくる
外国語の本だと思って読むと思いのほか
読みやすいと思います。

●この本を一言でいうと

「大阪弁」です。

●おすすめのポイント

約700年読まれている古典だけに
言葉さえ気にしなければ
楽しい内容です。

特に30代40代を過ぎた方には
おすすめです。

どこから読んでも読みやすいとは思いますが
どういう人が書いているのかという前提を
知るためには代6段くらいまで
読んでから好きなところに移ったほうが
有益に使えると思います。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

「徒然草」を読んでいると全く関係ないのですが
大阪弁と言う言葉が浮かんできます。

古典の言い回しの自分との距離なんだと思います。

東京に住んでいると普段聞くわけでもないですし
自分でも使いません。

かといって特別好き嫌いの感情が有るわけでなく
相手が使っても特別不思議なことも無く
たまにわからない言い回しが有る。

そんな感覚が自分の普段使っている言葉と
古典の距離感のようです。

「あなたにとって大阪弁とは?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される