かもめのジョナサン

かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)/リチャード・バック
¥500
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.247  2011年5月19日配信

『かもめのジョナサン』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #247

 「あなたにとって閾値とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『かもめのジョナサン』

リチャード・バック 著

新潮文庫
———————————-
著者 リチャード・バックさんは
1936年イリノイ州生まれ飛行機に関する
ルポタージュを書いていましたが
1970年に「かもめのジョナサン」を
発表しベストセラー作家になりました。

題名は良く知っている方も
多いと思うのですが
改めて読んでみると多くのメッセージが
詰まった不思議な寓話です。

かもめのジョナサンは有るときから
食べものを得るために当然のように
飛んでいる仲間の中で、ジョナサンは
飛ぶこと自体を追求し始めます。

スピード、高さ、技術など来る日も来る日も
練習に明け暮れ遂にかもめの限界を越えた
スピードを手に入れます。

旅の末に出会った長老チャンの語る
完全なスピードとは、、、

●この本を一言でいうと

「レミニセンス現象」です。

●おすすめのポイント

無人島に持っていくならこういう本が
良いのではないかと思う一冊です。

ひたすら飛ぶことを追及してゆき
限界を超えると一人ぼっちになってしまう
ジョナサンですが、同じレベル志をもった
仲間が現れます。

しかしさらに追及しあるレベルを超えたときに、
その仲間はどういう行動をとるのか、

どのあたりで安心したいのか
自分に置き換えてみると
ハッキリ見えてくるものが有ります。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

能「隅田川」にシテが渡し船に乗せてくれと
たのむところで、かもめを千鳥、都鳥など
色々な呼び方で謡う場面が有ります。

ジョナサンのかもめの写真を見ていると
カモメと言う感じだったり千鳥と言う感じだったり
同じ鳥を見ても表現したくなる言葉は
変わるものだと実感しました。

指さして「この形」とは言えませんが私が
まさに千鳥と思っている形は
速めのスピードで飛んでいるカモメのようです。
みなさんはいかがですか?

「あなたにとって閾値とは?」

←空メールで登録できます。

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される