【贅沢な読書】福田和也 著

贅沢な読書/福田 和也
¥1,575
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.272  2011年6月13日配信

『贅沢な読書』

福田和也

光文社


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼「あなたの目的地にちなんだ本とは?」

「私はつねづね不思議に思っているのですが、
絵画や建築あるいは、美術やコンサートを目的として、
国内はもとより、かなり遠方の海外まで
出かける方が多いのに、読書のため、
文学のために旅行をするという人は
とても少ないということです。」

小説家:福田和也
(1960~)

▼幸福な時間、近代小説の時間、旅行のための本選び、
読みたくなる古典、甘美な場所で

5章にわけてその場所や雰囲気に合った本を選び
紹介されています。

ヘミングウェイ、夏目漱石などの作品から
小説を書くに至った事情、経済状態や人間関係など
のバックボーンにまで切り込んで作品を考察した一冊です。

旅行のための本選びという章に共感しました。

旅行のガイドや土産物などには目が行くものですが、
その土地にちなんだ本というのは意識して
選んだことが有りませんでした。

目的地にあった本を読みながら乗り物の中を過ごすという
のはいいですね。

本屋さんのジャンル分けも土地別検索が出来ると
いいかもしれませんね。

ぜひ読んでください。

_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

旅行に行く先を「目的地」という言葉に変えてみると
また新しい視点が出来ました。

コンサートに行くときはその曲が出てくる
小説を読んでみるとか、なにか自分が食べるものが
登場する小説を探してみる
というのも目的地という意味では
いいんじゃないかと思っています。

コンサートの曲の解説を読むより、
あの場面で流れていたのはこの曲なんだな
という楽しみ方もありますよね。

小学校の時、「フランダースの犬」に出てくる
ルーベンスの絵がどんな絵なのか知りたくて
美術書をずいぶん探しました。

「これを見るために命かけたネロってなんなんだろう」

と思ったのを今でも覚えています。

自分の仕事が世間からどう見られているのか
知りたいときは、自分の仕事が登場する小説を
読んでみるのはいいかもしれないと思いつきました。

そこで感じる「ズレ」が自分と世間の「ズレ」を
知る一つの方法かもしれませんね。

「あなたの選ぶ目的地にちなんだ本とは?」

おもしろかった。役に立ったと思った方は
是非ワンクリックお願いいたします。

【毎日1分!朝活読書。】

http://nohgaku.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される