【書けない漢字が書ける本】根本浩 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□
毎日1分!朝活読書。

vol.293  2011年7月4日配信

『書けない漢字が書ける本』

根本 浩 著

角川文庫

□□□□□□□□□□□□□□□□□

「言うまでもなく漢字はちゅごくごであり、
日本語とは構造を異にするものである。」

本文より

▼「そもそも字を書くことは?」

贅沢、監督、石鹸などいつも見ているのに
よく書けない漢字80個を選んで、
その漢字の本来の意味や
書き方を紹介した本です。

基礎的な漢字力が
全くないと混乱するところも
あるかもしれませんが
これから漢検など受験しようと
思っている方には
おすすめです。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
人前で話す、書くというのは自分で
機会を作ってみないとなかなかできない
事の一つではないでしょうか。

携帯メールやパソコンの出現で
レポート類も書くよりキーボードを
打っている方が多いと思います。

話をすることに馴れている方でも
字を書くとなるとまた別の技術が
あるようです。

特に書き慣れない漢字は読めても
細かいところが曖昧になってしまいます。

小学校の時に「湯」と「陽」と「易」の
区別に時間がかかったのを思い出しました。
いまはわかっているので特に気になりませんが、
いま初めてこの字を見たとしたら
この違いが携帯で区別できるかどうか疑問です。

実際にこの字一日一回でも書くかと言われると
もう何日も書いていないかもしれないですね。

毎日字を書く習慣ありますか?

「そもそも字を書く機会がありますか?」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される